NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第007号】お金の話 その1

【第007号】お金の話 その1

HOPE会員の皆様

今回のコラム、巷では“領収書の鬼”の異名をとる
さんちゃんが担当させてもらいます。

HOPEでは最年長の理事で
社会人で、出たがりの裏方を担当しています。

また、3月にはHOPEの2大イベント開催が予定されています。
ドシドシ参加してくださいねー☆

■3月13〜15日:四国青年環境系合宿 四国ギャザリング in 高松
■3月20〜22日:四国青年国際系合宿 Salad in 大洲

参加者大大大募集中です!!
“HOPE会員割引”を活用して、会場へ乗り込もう!!

さて、今回のコラムは「お金の話 〜その1〜」について。

突然ですが、あなたは毎月の“支出合計”を把握していますか??

収入合計を把握してる人は多いでしょう。
仕送り、バイト代、奨学金などなど。
どのくらい入ってくるか、楽しみになりますね。

じゃぁ、支出合計は??
意外にわからない人多いと思います。

一人暮らしをしていたら
家賃、共益費、水道光熱費、食費、日用品…
そうでなくても
友達と飲みに行くお金も必要だし
それなりの格好もしとかないといけない。。
車や原付の維持費だってバカにならないし。。

ってなことで、財布から飛ぶようにお金がなくなっていきます。

「入っていくお金」=「使っていいお金」
その中で余ったら貯金として置いておく。
そんな人、多いんじゃないでしょうか?

中には、とある目標のためにお金を貯めている
っていう人もいるかもしれません。

10代後半から20代前半にかけては
お金を使うことのトレーニングをする時期です。
お金の使い方は人生を決める、
といっても過言ではないかもしれません。

高校を卒業してから自分ひとりで
自由にできることって増えたと思います。

お金の使い方にしてもそう。

ありったけのお金を趣味に使っても、遊びに使っても
こつこつと一生懸命貯金しててもいいわけです。

そして、お金の話は誰かに干渉されるわけではありません。
お金を借りていても何も言われません。
(借りたお金を返さなければ、恐ろしい目に遭いますが。。)

そんな中で、あなたはどんなお金の使い方をしていますか?
財布の中にレシートがあれば一目瞭然です。

・コンビニのレシートが多い
・やたら趣味に費やしているレシートが多い
・外食のレシートがたくさんでてきた。
・大きな金額のレシートが多い
・小額の買い物をたくさんしている
・一箇所でまとめ買いをしている
・一日に何回も買い物に行っている

これだけでお金の使い方についての
あなたの傾向が見えてきます。

まずは、その傾向をつかむためにも総支出を把握しないといけません。

それが、「レシートをもらう」ということであり
「家計簿をつけてみる」ということなんです。

家計簿、と聞くと敬遠してしまう人、多いでしょう。

僕もめんどくさいのでやっていない人の一人でした。

自分の話になって恐縮ですが、一つの例として紹介します。

大学2年生の時にふと「1ランク上の生活を目指したい!」と
漠然と思って、家計簿をつけてみることにしました。
別に、金持ち気取りで高い買い物をするっていうわけじゃありません。

自分にとって
「あ、この買い物は値段以上の価値がある(あった)な。」
と思うお金の使い方を増やそうと心がけてみたのです。

そのためには、収入と支出を把握するのは必須条件でした。
そもそも、その支出が妥当だったかどうかを考えなければ
値段以上の価値があるか、なんてわかりません。

安売りしていた商品を買ったとしても、
それがお買い得だったかとはいえないかもしれません。

それを考えるために
このお菓子は別に買わなくてもよかったかなー、と思う「浪費」
この日用品は生活をするために必要だったしなー、と思う「消費」
この参考書は値段以上の価値があったなー、と思う「いい買い物」

さらに、お金を使ったことで自分のスキルが上がったり、
稼ぐお金がさらに増えるようになる「自己投資」がありますが、
今回は省略。

家計簿を1週間(忙しいときは2週間)に1回だけ
銀行の通帳とレシートを参考にしながらパソコンに
収入と支出を入力して、支出をこの3つに分類してみました。

すると、意外に浪費の金額が大きい!!
そんなことに気づいたわけです。

浪費が消費に改善されるだけでも、お金の使い方は劇的に変わります。
浪費や消費が、いい買い物になると、なんだか得した気分になります。

一人で夕食を買いにコンビニで使うお金と
友達とファミレスに行って楽しく談笑するのでは
同じ金額を使ったのとしても、精神的な満足度は違いますよね。
無駄な時間を過ごしたな、と思えばそのお金は浪費ですね。

まずは、支出を把握することです。
そこから全てが始まります。

日付、収入額、支出額、メモ欄
これらの項目を作って、継続的に記録として留めることができたら
ひとまずお金のトレーニングとしては充分です。

お金のコラム、オレが担当の時はちょっとの間続けます。
今回のコラムを読んで気になったこと疑問に思ったことがあったら、
ぜひリクエストしてください。反映させますので。

それでは、また次の機会で☆

■■自己紹介■■
三好直樹(さんちゃん)某金融機関勤務の25歳♂

鳥取環境大学から同大学院に進学し4月から社会人。
学生時代から、環境活動をネットワークする全国組織の
NGOに所属していて、院生時代には副代表理事を2年
務め、HOPE設立を裏方として見守る。
学生時代から興味のあった会計の分野を生かして
ファイナンシャルプランナー(FP)3級の資格を取得。
でもなぜか、簿記の資格は持っていない…。
HOPE設立時から社会人理事として
HOPEを学生だけが好き勝手やっている団体、ではなく
社会的に信頼される団体にするべく尽力している。
わがままの目立ちたがり屋だけど、ビビりなので裏方担当。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です