NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第011号】最近きづいたこと

【第011号】最近きづいたこと

HOPE会員の皆様

みなさん、こんにちは。
今回コラムを担当させて頂くことになりました、
まどぅーこと岡田まどかです。

会員MLへは今回のこのコラムで3度目の登場になります。
まだまだ会員ML初心者なので、何について書こうかかなり迷いました。
なので、「最近気づいたこと」というかなりアバウトなテーマで
話させて頂きたいと思います。w

そしてそれを通して、「岡田まどか」という人間を
少しでも知ってもらえたら嬉しいです♪

ちなみに、私の詳しい自己紹介は最後に載せているので、
よかったら読んでください☆

================================

私は愛媛大学農学部の3年です。でもまだハタチですよ!w
ほんと最近、年齢が気になるようになりました・・・(;_;)

そんな私がHOPEと関わるようになったのは、昨年の7月でした。

「とにかく活動したい!
『普通の大学生』はイヤだ!」

そんなことを思っていた私は、とりあえずHOPEに入ってみました。
農学部生ということもあり、もともと環境には興味があったので、

「HOPEに入れば何かやりたいことが見つかるかもしれない」

そんなことを思っていました。

そして、第3回四国ギャザリングにスタッフとして参加し、
第4回四国ギャザリングでは実行委員長となり、
さらに第5回四国ギャザリングでは企画統括を担っています。
ほんとギャザづくしです。w

さてさて。
話は変わりますが、最近こんな授業を受けました。
その名も「環境土壌学」。
(私のコースの授業はほとんどが「環境○○学」ですw)

その授業で疑問に思ったこと。
それは、

「環境」ってなに?

ということ。

自分は環境活動をしているはずなのに、
この授業で「環境ってなに?」と聞かれるまで
そんなこと考えもしなかったんです!
純粋に、おもしろいなぁと思いました。

●自分を取り巻く全てのもの
●ある対象に対して何らかの影響を与えるもの
●地球全体

などなど、授業では様々な意見が出ました。

※ちなみに、広辞苑では・・・
1.めぐり囲む区域
2.四囲の外界。周囲の物事。
特に、人間または生物を取り巻き、
それと相互作用を及ぼし合うものとして見た外界。

とありました。
読解力のない私には、正直なんのことだかよく分かりません。泣”

この授業で感じたこと。
それは、

「私はほんとに環境に興味があるのか?」

ということ。

「四国青年環境系合宿 四国ギャザリング」の
実行委員長とかやってたくせに、
なんかちょっと違うかもなぁと思うようになりました。

きっと私は、「環境問題」そのものに興味があって、
それを解決したいわけではないのだと思います。

「環境活動」を通して出逢える「人」に魅力を感じ、
その人たちともっと関りたいと思うから活動をしているのです。

今は、そのつながりを作ることで結果的に環境問題の解決につながれば
いいなぁと思います。

活動歴約7か月にして、やっとこのことに気付きました。
でもこれは、実際にやってみて気付いたこと。

確かに時間はかかったけど、やる前から「違うかも」と悩んで
やっていなかったら、気付けなかったことかもしれません。

そう思うと、とにかくなんかやってみよう!って気になります。

なので、私のモットーは「迷ったらとりあえずやってみる」です。
失敗・成功に関係なく、そこから得られるものはたくさんあります。
これは実証済みです!w

みなさんの貴重な時間を頂いたのに、
あまり濃いお話はできませんでしたが、
何か感じてもらえたら幸いです。

================================

長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。

いつかみなさんとお会いできることを楽しみにしています!

☆自己紹介☆
名前     :岡田まどか
ニックネーム :まどぅー
所属     :愛媛大学農学部 生物資源学科
生物環境保全学コース 3年
誕生日    :1988年7月20日
血液型 :O型
出身 :愛媛県 新居浜市
性格 :ノリはいいけど返しがテキトー、あほ
役職 :HOPE事務局員
第5回四国ギャザリング企画統括

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です