NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第015号】少し勇気が出る少し気が楽になる話

【第015号】少し勇気が出る少し気が楽になる話

HOPE会員のみなさん

このメールを読むと、少し勇気が出る、
少し気が楽になるはずです!

お時間のある方はぜひ、読んでみてください!

挨拶もせず、いきなり奇妙な冒頭から入り失礼しました。

HOPE事務局員のヤナイこと、柳井彰人です。
知ってる人は知っている、知らない人は覚えてね!
少し自己紹介をします!

名前:柳井 彰人(ヤナイアキト)
ニックネーム:ヤナイ
所属:愛媛大学農学部森林資源学コース専攻
HOPE International部
生年月日:1988年12月8日
出身:愛媛県松山市
好きなこと:釣り、旅、コーヒーゼリーを混ぜること
ハマってること:お魚図鑑クイズ
特技:モノマネ、
その他:世界を股に掛けたことのあるおじさんになりたい

ということで今回は私、ヤナイが、コラム THE HOPE
を担当させて頂きます。

さて、冒頭でもお知らせしていたとおり、
少し勇気をくれる、少し気が楽になる話をします。

↓↓↓

アメリカ大陸を徒歩で横断した70歳のおばあちゃんがいるそうです。

車でも自転車でもない、徒歩!
20歳でも50歳でもない、70歳!
しかもアメリカ横断!!

ゴールの瞬間はたくさんの人たちが集まったそうです。
ゴールしたおばあちゃんは、こんなことを言ったそうです。

「最初の一歩を踏みこむ勇気がなかったから達成できました」

こう言ったそうです。

おばあちゃんは孫からスニーカーをプレゼントされ
うれしくなったので、そのスニーカーを履いて隣の
州の友達のところまで行きました。

到着すると、

「今度はあっちの州も行ってみよう。
ヒザが痛くなったらタクシーで帰ったらいいや〜♪」

こんな感じで、歩いていたからこそ、いつの間にか
アメリカ横断が達成されていたのだそうです。

「最初から横断してやろう!なんて勇気があったら、
絶対にできなかったこと」

と語ったそうです。

参考:3秒でハッピーになれる 名言セラピ〜
↑↑↑

「なにがなんでも!!」と、やらなくても気がついたら続いてた。

それが遠くまで行く秘訣のようです。

肩に力、入りすぎてませんか?

やりたいことを勇気がないからって躊躇していたり、
自分には無理だと諦めていませんか?

そんなときこの話を思い出してみてください!

こんなおばあちゃんがいたことを。

疲れたとき、壁にブチ当たったとき、

力を抜いてきませんか^^:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です