NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第018号】社会の仕組み

【第018号】社会の仕組み

HOPE会員の皆様

第18号から担当者となりました浅野です。
今回、引き継ぎなどの不手際によって配信が
遅れてしまいましたことにつきまして、
この場を借りてお詫びを申し上げます。
どうもすみませんでした。

次回以降は、配信時期の遵守をはじめ対策を講じていき、
しいては会員MLの活発化を図っていきたいと思っております。

今後とも、コラムTHE HOPEをよろしくお願いいたします。

—————————————————————-

さて、今回から担当者が代わりまして、
前回のコラムを書かせていただいた浅野(あさきょん)が
コラムの担当となりました!
ふつつか者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

今回のコラムも、わたくし浅野が書かせていただきます。

今日のテーマは「社会の仕組み」についてです。

この前、久々に道後温泉まで所用で行ってきました。
夏休みだけあって観光客が多く、
道後の商店街は活気にあふれていました^^

道後温泉には、観光スポットの定番(?)人力車もあって、
行くたびに観光スポットだなぁと感じさせられます。

そんな人力車のある様子。
「がんばって人力車を引くお兄さん」と
「楽しそうに人力車に乗る観光客」

この関係、社会全般に当てはまるんじゃないでしょうか??

今、私たちが楽しくそして幸せな生活ができるのも、
どこかで頑張ってその生活を支えてくれている人がいるから
ではないでしょうか??

たとえば、私たちがいつも食べる食材。
食材が私たちの手元に届くまでには、生産者や問屋、
小売店など様々な人に支えられているのです。

そう思ったら、毎日、こうやって生活できることに
感謝しなきゃいけないなぁと思いました!

夏休みでだらだら過ごすんでなくて、
そうゆうことも考えてみると充実するんではないでしょうか?^^

以上で私のお話は終わりです。
ここまでお付き合いいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です