NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第023号】変わらないもののために

【第023号】変わらないもののために

HOPE会員の皆様

毎度お世話になっております。
コラム担当の浅野です。

前回から連載形式となったコラム。
今回も「チェンジ」をテーマに理事長が熱く語ってくれました!

では、最後までお楽しみください♪

=============================

どうも!
みなさん元気ですか!?

理事長のまとばです^^

さて、コラムのお時間ですよ。
テーマは引き続き「チェンジ」です!

今回はあの人気作品からひも解いてチェンジを探ります。
かなり世界に入るんでわからない人はこらえてねw
わかる人はめちゃくちゃおもしろいと思います。

●● 第2回『チェンジ』 〜変わらないもののために〜 ●●

言わずと知れた名作「ドラゴンボール(以下DB)」
ドラゴンクエストなどのキャラクターデザインも手がける
天才・鳥山明の不朽の名作。
読んだこと無くても知らない人はほとんどいないんじゃないかな^^

ある人が言うにはDBの人気の秘密は「わかりやすさ」らしい。

大人から子供まで楽しめる内容であるととともに、
漢字を少なくし読みやすい工夫もされているのだ。
たまに違和感を感じますが^^;
デスノート読んだ後とかもう大変。

そんな42巻続いた超大作のDBの中でも
No.1のイカスキャラクターがいるんです。
今日は彼から「チェンジ」のエッセンスを探りましょう。
それでは行きましょう。
DBの旅、摩訶不思議アドベンチャーに!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

数多の死線をくぐり抜け、少年からやがて青年になった主人公・悟空。
物語も中盤に差し掛かったところでかつてない恐怖が。
とんでもない敵が現れます。

そう、サイヤ人のエリート中のエリートである王子べジータです。

何が凄いってその凄まじい戦闘力はもとより、
月と同じ成分である「ブルーツ波」なるものを作り出せること。
それで大猿に化け、悟空たちに絶望を与えた
サイヤ人の王子様・べジータ。

—— レベルが違う。

しかし悟空も何とか踏ん張りをを見せ
仲間の助けもあり辛勝を納めます。
(この時ほど輝いたヤジロベーはセルゲームの時にブルマに言い放った
「俺はとべねえんだよ…」以外になかったでしょう。)

しかしここで終わらない男・べジータ。
物語はまだ続きます。

プライドが高く悟空のことをいつもライバル視してるべジータ。
いつも悟空になんて負けられないと張り合い、
どこまでも悟空同様強くなっていきます。

だがしかし。
やがて現れる宇宙一のフリーザに完敗します。
彼は初めて恐怖を知り涙を流します。
(これが凄く意外で衝撃だったのを覚えています)

そう、何より自分に悔しかったのです。

しかしそんなフリーザを伝説の名台詞
「クリリンのことかー!」を叫び、
伝説の超サイヤ人になった悟空がフリーザを倒すのです。

つまり悟空にも超完敗。
同じサイヤ人の王子である彼のプライドはズタズタです。

限界を知ったべジータ。
しかし彼は諦めません。

ハードな修業を積み、限界を超え、想像を絶する日々のを経て
「純粋な心を持った者でしかなれない超サイヤ人」に
「俺は純粋な悪だ」と言い放ち、なんと見事超サイヤ人になり、
更なる極みへとのぼり続けていくのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、そんな魅力あるキャラクター・べジータ。
悟空に一度負け、フリーザにそして悟空に再び負けたべジータ。
それでも自分を高め続けました。
なぜ負けてプライドもズタズタになった彼は
再び立ち上がれたのでしょうか。

そう。
彼は譲れないもの(自分へのプライド、サイヤ人王子としての誇り)
をまさしく『徹底』したのです。

「自分を信じる」とかいうレベルではありません。
妥協することなく『徹底』的に自分を高め続けたのです。

そのために自分を限界以上に高め続け、性質上誰もが無理だと思った
超サイヤ人にまでなれたのです。

僕が思うに「自分が自分であり続けるために」という、
しかも無意識でのその想いが
彼を突き動かしていたんではないでしょうか。

自分が自分であり続けるために。
譲れない信念、いや生き様と呼んでもいいでしょうその想いを
徹底的に貫き通すこと。

日々の生活(闘い)の中でこの変わらない想いを持って、
そのために自分の求める理想のために
必要に応じて自分の在り方(修業)をチェンジさせていく。

自分を変える瞬間はその想いが伴ってこそ、ではないだろうか。
そんなことをべジータの生き様から感じます。

前回のコラムでのまとめ。

「チェンジの瞬間はいつだって自分から」

というのにさらに加え、

「そのチェンジの瞬間は自らの譲れない想いのためにこそ
最も色濃く現れる」

のだと僕は思います。

きっと誰しもの中にあるその「譲れない想い」を突き詰めていき
日々の生活の中で何かに負けたとしても、
それでも「自分であり続けるために」

変わらぬもののために強く変わっていけたらいいですね。

僕もそういう人間でありたいです。

…今日の話はここでおしまい^^

次回は「 続・べジータから学ぶ 〜譲れぬ想いのその先に〜 」
をお送りします。

超お楽しみに^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です