NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第027号】かっこいい弱虫

【第027号】かっこいい弱虫

HOPE会員の皆様
毎度お世話になっております。

皆様に大好評!理事長まとばのコラムシリーズ
残すところあと1回でシリーズ完結です。

しかしながら、すんなり終わらせるわけにはいけません。

最終回ということで意気込んでいたであろうまとばには悪いですが、
今回は私、イッチーこと一宮祐輔が担当させて頂きます^^
(本人にも内緒でやってます。)
本当のシリーズ最終章は次回までお楽しみに…

テーマはもちろん、「チェンジ」

でもまったく違う「チェンジ」

イッチーの書く「チェンジ」を

●● 番外編「チェンジ」 〜 かっこいい弱虫 〜 ●●

『私は変えられた人間だ。』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それは2年と半年ほど前のこと。

現理事長のまとばがHOPEを設立しようと名乗りを上げた。

その時、私(イッチー)はまとばの横にはいなかった。

いられなかった。

同じ土俵の上に立つ覚悟のない人間だった。

ただ単に怖かった。
人前で話すことも、人から注目されることも、
なぜ自分からそんな嫌なことをするのか、理解できなかった。

そんな時、やりたいことが舞い込んできた。
HOPEではない。自分のやりたいことだった。

なのにまとばは、「それも一緒にやろうよ!」と誘ってきた。

私は、それが嫌だった。

私は、「無理。」
とだけ言い残して、その場を去った。去るしかできなかった。

でも今考えると、それが「チェンジ」の始まりだった。

直後、一人の先輩が近づいてきた。

わかりやすい顔をしていたのかわからないが、
「向こうで話を聞こうか?」と先輩は言った。

それから一晩中、話を聞いてもらい、
先輩のハンカチをぐしゃぐしゃにした。

明くる日、私も名乗りを上げた。
「僕にはやりたいことがあります!」

嫌がっていたことに自ら手を伸ばしたのだ。
いやな気もせず、ただ清々しかったことを覚えている。

それからの私は違う人間のようになれた。

『私は変えられた人間だ。』

まとばに。
優しい先輩に。
やりたいことを伝えてくれた人に。
一緒にやりたいと言ってくれた人たちに。
支えてくれた多くの人たちに。
関わってきてくれたいろんな人たちに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人間という生物を、他の生物と比べると様々な違いがみられる。
その代表例に、脳が挙げられる。

脳の中でも特に、大脳が非常に発達しており、
体重に対する大脳の重さが哺乳類で一番重いとされている。

この大脳の発達により、僕たちはある能力を得た。

『学習』である。

様々な環境に対して、経験や情報を駆使し、より良い行動をとる。
そして、それを蓄積し、また次へと活かす。

つまり、人間は外部環境からの影響を取り込みやすい生物なのだ。

だからこそ、他から「変えられる」のだ。

もし、今すぐに変わりたいのであれば、外に出るべきだ。
もし、今の自分に満足していないならば、他の人に会うべきだ。

どんなにすごい人であったとしても、
二人分、三人分の経験や価値観にかなうわけがない。

人じゃなくてもいい。
自分を今とは違う環境下に置いてみよう。
そうすれば、何か“変化”が現れるはずだ。

もしかしたら、まとばも八十八か所めぐりという環境に
「変えられた」のかもしれない。

べジータは、悟空や他のキャラクターに
「変えられた」のかもしれない。

(この内容は、一見すると今までの「チェンジ」を
くつがえすような内容にも見えるが、決してそうではない。
ようは、見方の問題であり、同じようなことを言っている。

同じであれば、自分に合う方を重視してもらいたい。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

変化から2年半くらい経った。
今でも変化し続けている。自分ではそう思っている。

むしろ、あの瞬間の変化というのは、
考え方の変化であり、自分自身が変わったわけではない。

実際に変化したのは、その後、そしてこれからだろう。

今でも、いろんなところに行く(ように心掛けている)。

しかし、今では昔ほどの劇的な変化は見られなくなってきた。
別に悪いことではないと思う。
『変わらないもの』というのができてきた証だろうと思っている。

自分の変化が少なくなり、立場上「変化を促す側に移ってきた」。

みんなが私に変化を与えてくれたように
私もできるだけ多くの人に変化を促したいと思う。

おこがましいことなのはわかっている。

それでも、やりたいのだ。

変化を起こさせるわけではない。
選択肢の一つを提供できればと思う。

私の考えを伝える。
自分に合わなければ、捨ててくれればいい。
それで相手にとっては、選択肢の一つがなくなるのであり
相手にとってマイナスはない。

やり方は、まだまだ修行中である。。。
いつも迷惑をお掛けしています。すみません。

そうやっていれば、必然的に自分も変化し、
相手の変化も促せる。
みんなが一歩、いい方向に変化していくだろう。

これが私の考えであり、みなさんの選択肢の一つだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私は強い人間ではない。
どちらかというと弱虫だ。

弱虫だから周りを頼る。
頼ってばかりだから少しでも周りに役立てばと思う。

ただの弱虫は嫌だ。
なれるのならば『かっこいい弱虫』になりたい。

一人では何もできない弱虫。
みんな集まれば何かできるかもしれない。

だからHOPEがあるんだ。

だからHOPEが必要なんだ。

もし、どうにかしたい“何か”があるのなら
自分ではなくてもいい、周りを変えてみよう。

それが『変わる』ということかもしれない。

●●  おしまい  ●●

次回は、まとば『チェンジ』最終回
乞うご期待!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です