NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第028号】そのために

【第028号】そのために

HOPE会員の皆様
毎度お世話になっております。

只今、実家の岐阜にいるのですが、吹雪がすごいです。
いよいよ積り始めてみました。
明日は結構積ってるのかなぁ…。あさのです。

さて、前回は乗っ取られてしまったまとばコラム。
皆様も待ち遠しいのではないでしょうか。

2009年の大みそか。今日で2009年も締めくくりです。

ならば!
2009年のフィナーレに「チェンジ」コラムも
フィナーレを迎えましょう!!

まとばコラムは年末年始も休まないですよ〜^^

では「チェンジ」コラム最終章。
とくとご覧あれ!

========================

どうも!
2009年もあとわずか。
2010年はもっと素敵な年にしたいですね☆

理事長のまとばです^^

さて、やってきました!
コラムのお時間。
「チェンジ」最終章です!

毎回大好評のこのシリーズ。
お褒めの言葉をたくさん聞かせてもらってます。

●● 『チェンジ』最終章  〜  そのために 〜 ●●

さて、ここまで2カ月半にわたったこの『チェンジ』でしたが
振り返ってみましょう。
『チェンジ』引用名言集です^^

〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜

● 第1回『チェンジ』 〜『チェンジ』の瞬間〜 ●

「いつだって最後は自分の気持ちひとつ。
どんな過酷な状況だってそれを受け入れている、
もしくは納得している自分がいるんです。

それが1%でもあればそれは責任は自分なのです。
もしそれに納得してない自分がいるならばそれはまさに
『チェンジ』の瞬間なのかもしれませんね^^」

● 第2回『チェンジ』 〜変わらないもののために〜 ●

僕が思うに「自分が自分であり続けるために」という、
しかも無意識でのその想いが
彼を突き動かしていたんではないでしょうか。

自分が自分であり続けるために。
譲れない信念、いや生き様と呼んでもいいでしょうその想いを
徹底的に貫き通すこと。

日々の生活(闘い)の中でこの変わらない想いを持って、
そのために自分の求める理想のために
必要に応じて自分の在り方(修業)をチェンジさせていく。

自分を変える瞬間はその想いが伴ってこそ、ではないだろうか。
そんなことをべジータの生き様から感じます。

● 第3回『チェンジ』 〜 その先 〜 ●

変わらないもののために変え続け、
極めたその先には変わらないものをも変える瞬間こそが
もしかすると本当の意味でのチェンジなのかも知れませんね。

そうしてそこまで辿り着くことができたら
きっと闘うことは必要ではなくなるのだと思います。
そしてそれこそが本当の強さだと僕は強く思います。

そこに辿り着くために自分を高め、
チェンジし続ける必要があるのです。

● 第4回『チェンジ』 〜 そういえば 〜 ●

いつも自分はどういうときに輝いているのか。
何に怒り、泣き、喜び、心震えるのか。

ぼんやりでもいい。
そういえば、というのがあるはずです。

その、

「そういえば」

というのが実は『変わらないもの』のヒントになっていると
最近痛感しています。

● 第5回『チェンジ』 〜 何が残るのか 〜 ●

だけど人はそんなに変わらないものありきで生きていません。
そんなに自分をつきつめられてないし
普段そんなに意識して過ごすことは難しいからです。

と、いうことは。

変わらないものを
無意識下の自分で意識することができれば。

そうすれば人はもうひとつ上にいけそうな気がします。
それこそが何よりむつかしいのですが^^;

変わらないもののためにどれだけ強くいられるか。

それは「自分がどうありたいか」に起因するでしょう。

「こうありたい」という強い想い。

自分とは何か。
何のために生まれてきたのか。
何のために生きていくのか。

変わらないものとは。

先に見る自分のために。
こうありたい自分のために。
「変わらないもの」
「自分であり続けるために」

強く自分を突きつめていけたらいいですね^^

〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜

「本当の強さである辿り着く境地」のために、
「変わらないもの」を徹底的に突き詰めていく。

「変わらないもの」は「自分であり続け」ているときの
「そういえば」からひも解くことができ、
「自分であり続ける」ために「こうありたい自分」を
強く持つ必要がある。

5回に渡り述べてきたこれこそが
僕の『チェンジ』の哲学であり、信念であり、真実です。

はじまりは「こうありたい」というところ。
はじまりはやっぱり自分。

これを突き詰めていくこと。
つまり自分との対話、もしくは闘い。
これが「生きる」ということだと強く感じます。

しかしこれだけでいいのか。
これを加速させていくために何かないのだろうか。
そのために決して外せないキーワード。

そう、「相手」です。

人間はどうやらすべてを自分でできるほど
器用にはできていないようです。

自分のことなんて実は自分でもわからないのです^^
というかわかるようになることはめちゃくちゃむずかしいのです。

だから、僕たちは相手の中に自分を見るんです。

何時だって僕らはその人の中に自分を見ています。
その人はいつだって「自分」つまり僕らを加速させてくれてるんです。

( ちなみにこう言われて今あなたが思い浮かんだ人。
その人を大事にしてくださいね^^
間違いなくあなたの人生において外せない人でしょうから。 )

そしてその人の中に自分を見つけれたとき
はじめて相手をしっかり見ることができます。

そうして広がっていったその先に
もっと広い世界が見えてくるのでしょう。
言葉にすると「利己を超えた利他」とかかな^^

これって本当に素敵ですよね。
僕は人間が持つ性質の極みだと思ってます。

まだ完璧にはわかりませんがいずれいきたい世界ですね。

そのために自分を大切に。
そしてその人を大切に。

あなたもその人も僕も。
一緒に成長していきましょう。

あなたにとってこのコラムも『チェンジ』のきっかけになれば
本当に本当に嬉しいです。

ここまで読んでくれてどうもありがとうございました^^

あなたがこれからも輝いていけますように。

…『チェンジ』はここでおしまい^^

次回から新章突入!

超お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です