NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第033号】and I…

【第033号】and I…

HOPE会員の皆様
どうもお世話になっております。
コラム担当あさきょんです。

今回は配信が遅くなって申し訳ありません。

しかし、今回のコラムは昨日まで開催された
「四国青年国際系合宿Salad」
での出来事などをつづっていただいております。

う〜ん、ザ★リアルタイム♪

ということで、
サラダに参加した人はもちろん、
参加できなかった人もぜひぜひご一読いただけたらなぁと思います。

では、行きましょう!

========================

どうも!

理事長のまとばです^^

昨日まであったサラダで嬉しいニュースが。

参加者の中にいたともえちゃんは
何と僕と同じ出身(西宇和群)、同じ八幡浜高校、
そして同じ陸上部だったのです!!!

奇跡すぎー。
しかもお互い長距離で、まとばは当時キャプテン、
ともえちゃんは副キャプテン。
(八高陸上部は男子がキャプテン、女子が副キャプテンをします)

ともえちゃんは僕の3コ下なので入れ違いで
サラダでしかもアイブレで初対面。

ブレークしまくりでしたー^^色んな意味でw
(うまい)

いやあ、出会いっておもしろいなーと感じた今日この頃でした☆

「人生は想像以上にドラマチックだ」

とはまとばさん渾身の名言ですがホントその通りですね^^

さあ、コラムのお時間ですよー!

毎回大好評のこのコラム。
お褒めの言葉をたくさん聞かせてもらってますv

さて、いきましょう!

●● 短編シリーズ 2 「 and I … 」 ●●

さて、上で述べたように
昨日まで四国青年国際系合宿Saladに参加しておりました。

サラダ本当によかったです^^

最初から雰囲気もよく、参加者のみんなが

「来てよかった!」
「また来たい!!」

と思ってくれた素晴らしい企画でした。

新しいホープのメンバーもたくさん増えました^^
このコラムも見てくれてるのかな?
これからもよろしくね♪

余談ですが、最初から雰囲気がよかったのは
スタッフの知り合いで参加したっていう人が
たくさんいたことが勝因でした。
やっぱり人や想いの輪は波紋状に広がっていくんだな、
と確信したシーンでした。

スタッフのみんな、5ヶ月間お疲れ様^^

さて、今日はそんなサラダ一色の話でいかせていただきます。

そんなサラダでホープ創始者であり
考える天才まとばは何を感じたのか(笑)
一人で盛り上がって筆を走らせますv

2日目の講演会にて講師の鬼丸さんのお話の中で。
僕に響いたメッセージ。

〜〜〜〜〜〜

●「自己変革と世界の変革は繋がっている」

●どんな変化もはじめは一人。一人からすべては始まる。
そこから始まり、それを成し遂げるためにはみんなの力が必要。

だがしかし始まりを数人でやるのはよろしくない。
このとき一人で始めなければ覚悟が伴わないからである。」

— ちょうど2年前、鬼丸さんとはじめて会った時の講演会で

「人なんて変えることはできない。」

と聞いてなんとなく腑に落ちなかったのですが、それはつまり
「自分から変わる」ことをより強調するためのメッセージだったのだと
2年の時を経てやっとわかりました。

自己変革をすることから
やがては世界を変革していくことにつながっていく。
大きいも小さいもない。すべてはそこから。

僕の経験と時間がやっとそのことをわからせてくれました^^

『 やっぱり何事も自分から 』

なんだなあとこれからもそういう役割であり続けるだろう僕は
強く感じました。
し、また覚悟を改めて決めたシーンでした。

〜〜〜〜〜〜

そして鬼丸さんはこう続けます。

●「どんな状況でも人は人に想いを馳せることができる」

また、スタッフであり理事のゆうこちゃんが
その後の企画でこんな話を教えてくれました。

●ある方が途上国に支援をしに現地にいっていました。
が、紛争地域の内戦が激化し、
現地から出ざるを負えなくなりました。

断腸の思いだった彼。
最後に現地の方に「私たちにしてほしいことはないですか」
と問います。

現地の方はこう言ったそうです。

「現地でこういう苦しんでいる人がいること。

これからもどうか忘れないでいてほしい。」

— 涙が出そうになりました。

そんな状況においても彼(現地の方)は先進国に生きる僕たちに
助けを請うわけでなく教えを与えてくれたのです。

彼はどんな想いで今を過ごしているのでしょうか。
どんな想いでそのことを教えてくれたのでしょうか。

サラダもホープも。
僕が言うのも変かも知れませんが
人のつながることの素敵さや可能性をいつも教えてくれます。

『 人が想いを持って生きる以上、絶望なんてことは絶対にない 』

今なら100%思えます。
それを信じて死ぬまで走っていこうと決めたシーンでした。

〜〜〜〜〜〜

そして鬼丸さんの講演会で最後に伝えてくれたメッセージ。
ガンジーの言葉だそうです。

●「良きことはカタツムリの速度で動く」

カタツムリのように待つ。
ゆっくり、でもしっかりと待ち続ける。

ドラマのように物事はつながりますが、
先日僕が感じた大切な学びに

「待てるよろこび」

というのがありました。

待てる幸せ。

そこには絶望ではない、希望が含まれているんですよね^^

待てる余裕。

自分もそれだけのことをやっているからこその余裕。
そして相手を受容できているからなんですよね。

『待てるよろこびを。そして、待てる強さを』

改めてこのことを強く感じたシーンでした。

=======

『 やっぱり何事も自分から 』
『 人が想いを持って生きる以上、絶望なんてことは絶対にない 』
『 待てるよろこびを。そして待てる強さを 』

総じて、

自分から物事をはじめて人に伝え広めていく。
そして決して諦めずに待てる強さを持つ。

これがこれからに生きる僕たちの使命なんだ、と強く思います。

色んな社会問題に立ち向かい、決して負けずに、
いや時には負けたとしてもそれでも立ち上がり信じて走り続けていく。
そんなカッコいい大人たちをたくさん見てきました。

「 and I… 」

物凄いスピードでもう還らないものが数えきれないくらい、
いやになるくらい失われていくこの不透明な時代の中で。

and I… そして俺は。

ホープで伝え、教育を変え、
たくさんの人のつながりと可能性を引き出し
大きなコミュニティを築いていく。
大きな社会変革を。そして未来へ。

信じ、走り、待ち、信じ続けていきます。

あなたにとっての「 and I… 」はなんでしょうか^^?

夢が重なる限りどこまでも走って行きましょう。

…読んでくれてありがとうございました^^

よりよい作品を作っていくためにもし感想などありましたら
大歓迎募集いたします。

次回もお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です