NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第043号】仲間がくれるもの

【第043号】仲間がくれるもの

HOPE会員の皆様

毎度お世話になっております。
コラム担当のあさきょんです。

大学生はいよいよ夏休みに入りました!
みなさん、どんな毎日をお過ごしでしょうか。

連日酷暑が続いておりますので、
熱中症などにはお気を付けください。

さて、今回からいよいよ連載開始のダイコラム。
テーマは『絆(きずな)』です。

『人とのつながり』を大切にするダイが考える『絆』とは一体!?

乞うご期待です^^

では、さっそく参りましょう!

================================

HOPE会員のみなさま。

コラムの時間がやってまいりました。

毎度おなじみになる予定のHOPE理事長のダイこと重松大介です^^

みなさんがコラムの時間が待ち遠しくなるように、
一生懸命コラムを書きますので、
無理やりにでも楽しんでください^^笑

先月号のコラムに関して様々コメントくださった会員のみなさん!
本当にありがとうございます^^

みなさんのご意見も含めながら
しっかりコラムを書いてまいりますので、
ご期待あれ!!

さてさて・・・

浅野コラム恭兵よりドキドキのテーマ発表がありました!

なんとテーマは「仲間・絆」です。

初めて伝えられた時は24時間テレビを連想しました!笑

まったくのよそーがいでーした^^;

そんなテーマで送る3連載コラム!

ご堪能あれ〜^^

〜〜〜〜〜〜〜○●仲間がくれるもの〜個人の巻〜●○〜〜〜〜〜〜〜

いきなりですが今回のテーマ「仲間・絆」でコラムをかけたことを
今、本当に本当に感謝している自分がいます^^

「いきなりなんやねん!」ってみなさん思われたと思います^^;

実はこの仲間・絆っていうことについて考えていると、
当たり前にそこにあるけど、
あたりまえじゃない何かに気づけたんです^^!!

何か気になりますよね〜^^

じらしちゃいます!笑

最後にはわかると思うのでみなさんご辛抱を!

さてさて・・・

みなさん!

みなさんはなぜ意識を高く持ち、毎日を生活していますか?

たとえば…

なぜHOPE会員にならなくても生きていけるのに、
HOPE会員になられたのですか?

なぜ学生のうちから学外活動をしなくても卒業できるのに
学外活動をされているのですか?

なぜお金ももらえないのに
市民活動やボランティアをされているのですか?

なぜですか?

そこには人それぞれちゃんとした理由があると思います。

自分の成長のため、四国の活性化のため、日本を変えるため・・・

様々理由があり、皆さんの行動が生まれているはずです。

しかし、考えてみてください。

その行動を促す理由はなぜあなたの中にあるのでしょうか??

自分を成長させたい。
周りの人を元気にしたい。
四国を活性化したい。

そんな想いを持った理由、そんな想いを持ち続けられる理由を
考えたことはありますか??

とっても面白い話があります!

みなさん!

ノミの習性の話を知っていますか?

ある実験の話です。

ノミはあんなに小さな体をしていますが
2〜3mくらいは飛び上がることができるそうです。

すごいですよね^^;

人間に置き換えるとみなさん富士山の高さまで
ジャンプしちゃうってことですよ^^;

ほんまに驚きです^^;
ちょっと怖いくらいです。笑

しかし、そんなノミを何匹か用意をして、
それぞれ、高さの違う箱の中に入れます。

あるノミは、高さ10cmの箱に。
そして、あるノミは、高さ50cmの箱に。
といった具合に入れていきます。

その後ノミがどうなると思いますか?

それぞれの箱に入れられたノミは、
その中でジャンプをして外へ出ようとします。

しかし、どの箱にも天井があって、
いくらノミがジャンプをしても外に出る事が出来ません。

1回、また1回とノミは何度もジャンプをするのですが、
その度に天井に体をぶつけてしまいます。

その後どうなると思いますか?

ある一定の期間、天井に体をぶつける事を繰り返すと、
ノミは天井に体をぶつける痛みからか、
天井に当たらないくらいの高さで飛ぶようになるそうです。

そして!

そうなったノミが入っている箱の天井を取り除いてみると、
ノミはずっと飛ぶことを我慢していたので、
解放された喜びから箱の外に勢いよく飛び出る

という事にはならず、
ノミは相変わらずさっきまであった天井にぶつからない高さで
飛び続けるそうです。

物理的に天井がなくなっても、
ノミの心の中では天井がいまだに存在しているかのように。

どのノミも、もともとはそれ以上の跳躍力を
持っているにもかかわらず、
50cmの天井のノミは50cm以下に、
10cmの天井のノミは10cm以下に飛び続けます。

みなさんこれを聞いて何を思いますか?

人も同じような性質があると思いませんか?

自分の力を抑え込まれたり、
自分を否定し続けられるような環境にずっとずーといると、
自分に自信がなくなり、
人は本来もっている力を発揮できなくなります。

自分の中で限界を決め、
「どうせできないっしょ!」と思いこんでしまいますよね^^;

ノミの性質と一緒です。

しかし!みなさん!
このノミの話には続きがあるのです^−^

天井にぶつかり続け、本来の高さまで飛べなくなったノミを
本来の高さまで、ジャンプさせる方法があるのです。

その方法は・・・

本来の高さまで飛べるノミと同じ環境で時間を共にすること。

飛べなくなったノミも横で高く飛ぶノミを見ると
再び本来の高さまで飛べるようになるようです。

不思議ですね〜。

これも人と同じだと思いませんか^^?

自信がなくなり、すべてが嫌になるような生活をしていても、
あるイキイキとした人との出会いから、
少しずつ毎日が変わり始めた!なんて経験を
みなさんもしたことがあるのではないでしょうか?

やはり、なにか目標を持ち日々を生活している人の周りには
イキイキとした人が集まりますし、
イキイキ人間がどんどんでき上がります。

つまり…

ある意味、仲間が今の自分を作ってくれている
ということは言えるのではないでしょうか?

僕自身がHOPEの代表をするような人間になったのも、
まさに仲間のおかげだと改めて気づきました。

4年前の自分は本当にくだらない毎日を送っていました。

いっぱいいっぱい自分の中にリミッターを持っていました。

自分はかっこよくない。
自分は人前では話せない。
自分は強くは生きれない。

しかし、いい仲間に出会い、必死で追いかけ、
仲間に入れてもらい、笑いながら泣きながら共に生きる中で、
いつの間にか今の自分ができていました。

今の自分の活動を行う根本的な考えを持ったのも、
今の活動を続けられるのも、今の自分がここにいるのも、
HOPE会員のみなさんや周りで共に動いてくれている
事務局員や実行委員など多くの仲間がいるからだと感じています。

みなさんの周りにも今のみなさんを作りあげてくれた
素敵な仲間がいるはずです。

そして、同時に目の前にいる仲間にとっても
みなさんはその仲間を作りあげる一つの小さくも大きなピースです。

そんな考え方ができれば、
また何か一つ仲間に対してできることや
伝えられる言葉があるかもしれません。

今、あなたが仲間に伝えたいことはなんですか?

どうかみなさん仲間を大切に…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 おしまい 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これからみなさんに喜んでもらえるコラムを書くためにも
感想・意見をいただきたいです^^

ご協力ください^^w

よろしくお願いします!!

では、次回コラムをお楽しみに^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です