NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第066号】幾野雄也とは・・・?

【第066号】幾野雄也とは・・・?

会員のみなさま、こんにちは。
コラム担当の内牧です。

昨日は実習で高知で言う「天ぷら」(さつま揚げ?)を作りました。
中の具材が自由でした!
トマト+バジル+チーズは絶賛でしたが、
チョコレートは賛否両論でした・・
作る機会があったらぜひ挑戦してください!

今回から、
新理事長によるコラムが始まります!

テーマは、
「幾野雄也とは・・・?」です!

それでは、どうぞ!

===============================

HOPE会員のみなさま。

コラムの時間がやってまいりました。

HOPE理事長のいっくんこと、幾野雄也(いくのゆうや)です。

・・・!?

みなさん、
もう気づきましたか?
そうです、
先日の総会で新理事長に就任しました
高知大学理学部2年のいっくんこと、
幾野雄也です。

前理事長の重松大介さんからバトンを引き継ぎ、
これからHOPEを引っ張っていきます!

そして、
この理事長コラムのバトンも引き継いでいきます!

第1回目のテーマは・・・

「幾野雄也とは・・・?」です!

いきなり僕についてのコラムということで、
とっても恥ずかしく、緊張しております!
なんとか頑張って書きますので、
温かい目で読んでください!

それでは、記念すべき第1回目のコラムをどうぞ!

===============================

「幾野雄也とは・・・?」

もう1度自己紹介をしますね!
高知大学理学部応用理学科2年の幾野雄也です。
年齢は19歳!まだ未成年です♪

出身は兵庫県の神戸の垂水というところ
(迷宮の入り口垂水ジャンクションで有名)で、
高校は陸上と学園長があの西和彦(孫正義のライバル)で
有名な須磨学園です。

趣味は、
読書、カフェ・服屋さんめぐり、
カメラ、アウトドアなどなど。
好きな芸能人は、加瀬亮、森山未来、堺雅人です。

尊敬する人は、
ほぼ日で知っている人も多い糸井重里です!

性格は、
昔は天上天下唯我独尊でしたが
今は少しまるくなり、
日々自分の価値観を広げ、周りの価値観を受け入れられるように
努力しています。

自己紹介はこんなところにして、
ここからは少し真剣な話に移りましょう!

僕の将来の目標は、
30代で世界のストリートチルドレンを救済する会社を設立し、
1億人以上いると言われている
ストリートチルドレンを限りなく全て助けることです。

ですが、
僕の世代だけでそのミッションをクリアするには
時間が短すぎるため、60代で次世代に会社を引き継ぎ、
僕は県知事になり、教育制度と医療制度を
抜本的に改革していこうと考えています。

なぜこのような目標を描くようになったかというと、
あれは、そうです、小学4年の頃でした・・・
「人生は1回しかないんだから、
僕は人の命を救う人生にしよう!」

そうなんです。
小学4年にして人生の目標を決めてしまったのです。
自分でも気持ち悪い小学生だな〜と
思ってしまいますね。(笑)

そんなこんなで、
その時は医師を目指すことに決めました。

その理由は、
“救う”という手段はたくさんあると思いますが、
その中でも最も根本はやはり命を救うことだと考え、
であれば1日にたくさんの人の命を救うことが出来る
医師が良いと考えたのです。

ですが、
高校3年の初めにこんなことを考えてしまったのです・・・
「医師は人生の中で何千万、
何億人の人の命を救うことは出来ないのでは?」

そうなんです。
今から勉強まっしぐらという時期に揺らいでしまったのです。

確かに、
1人1人の患者さんとの関係性の大切さや尊さも
わかっています(想像にしかすぎませんが)。

ですが、
その関係性よりも僕はやっぱり多くの人の命を、
つまり“数”を選んだわけです。
そこで目についたのが「社会企業家」という人たちの存在でした。

「社会企業家」とは、簡単に言うと社会問題を
ビジネスの手法で解決していく人たちです。
そして、社会企業家になれば
医師よりもさらに多くの人を救える。

また、自分にしかできない役割を
見出すことが出来ると考えました。

そこで僕は、「もっとたくさんの命を救えて、
かつ自分にしか出来ないことができる“社会企業家”になろう」
と、決断しました。

ここまで話を進めると、
いつも聞かれるのが
「じゃあ、どうしてストリートチルドレンなのか?」
ということです。

これは正直いうと、“なんとなく”です。
確かに昔からドキュメンタリー番組で
ストリートチルドレンの特集を何度か見ながら
「世界にはこんな子供たちがいるんだー。
同じ子供なのに大変そう。」
と、完璧に他人事のレベルではありますが、
印象には残っていました。

ですから、
そんなに強く惹きつけられたわけではなくて、
社会企業家というスタイルから連想されたのが
僕の場合は“たまたま”ストリートチルドレンだった
というだけなんです。
ですが、この“なんとなく”の気持ちでも
人は強い信念に変えることができるんだと思います。

そんなこんなで、
今は紙に書いたような目標に向かって
努力している途中なのです!
ここまで一気に僕がどんな人間か、
どんな目標に向かっているのかについて書いてきましたが
そろそろ、なぜHOPEに関わるようになり、
理事長にまでなったのかについて説明しましょうか。

なんと、その理由は・・・!!!

次回へ続きます♪

はい、ということで次回のお楽しみに
とっておいてください。(笑)
今回は僕がどんな人間か、
どんな目標に向かって努力しているかという内容でした。

これで少しは、
幾野雄也についてわかってもらえたでしょうか?
まだまだわからないことがあるとは思いますが、
それはこれからじっくりわかっていって下さい!

===============================

初めてで拙い内容になっていますが、
読んでいただきありがとうございます♪

これからのコラムをもっとみなさまにとって
素敵な内容にしていくためにも、
意見・感想を送っていただけると、とってもうれしいです!

ご協力よろしくお願いします!

では、次回コラムお楽しみに〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です