NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第073号】価値観

【第073号】価値観

HOPE会員の皆様、こんにちは!
コラム担当の内牧です。

すっかり秋ですね~^^
私は最近、甘酒にはまっています!
(意外にカロリーが・・・!!)
市販の甘酒は、酒かすからできているものがほとんどで、
発酵食品好きとしては納得がいかないので
今度手作りしてみようと思います!
炊飯器で簡単にできるようです^^

今回の理事長コラムのテーマは、
「価値観」です!

それでは、どうぞ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

HOPE会員のみなさま。

HOPE理事長のいっくんこと、幾野雄也です。

コラムの時間がやってまいりました。

HOPE会員のみなさまは、グループやチームで活動する機会が多いと思います。
それと同時に、自分にとって少し苦手な人や
もしくは嫌いな人と出会う機会も多いのではないかと思います。
その際、周りの価値観を受け入れるということが
非常に重要になってきますよね。

今日はその「価値観」について少しお話しようと思います。

では、どうぞ!

———————————————————–

いきなり、質問です。

「あなたの家庭環境はどのようなものでしたか?」

あまり話しやすい話題ではないですが、
この質問はお互いを知るために僕がよくする質問です。

なぜこのような質問をするのかというと、
その人の価値観や人柄、初期の経験に大きく影響を与えるのは
やはり家庭環境です。

僕の話をしますと、僕の親はある程度自由にさせてくれる親でした。
例えば、好きなスポーツをさせてもらっていたので
スポーツは見るのも自分がするのも大好きです。
また、欲しい本も買ってもらっていたため
今でも読書は趣味の一つです。

ですが、僕の親がスポーツ以外の習い事、
例えば、塾や習字、ピアノなどを優先させていたら、
今僕はスポーツがあまり好きではないかもしれません。

また、本を買うなんてもったいないと思う親であれば
僕は読書が趣味になることはなかったかもしれません。
小さなことかもしれませんが、
確実に今の僕の行動や価値観を形作っていますよね。

これが例えば苦手な人や嫌いな人の行動や価値観を考えてみてください。
あまり他人の話を聞かない人や、自分勝手な行動をする人、
また過剰に自分のことを周りにアピールする人、
などなど結構身近にこのような人がいるかと思います。

そのときに深く考えずにこの人は苦手な人、嫌いな人だと
印象をもってしまうのは誰しもあることですし、
それが悪いとは思いません。
ですが、それが全てその人の責任なのか、
そのような価値観や、言動になった原因は
他にはないのかというと必ずしもそうではないと僕は思います。

そのような人に出会ったときに時間をかけ、
その人の言葉や行動を見ながら、
「この人はどんな家庭環境で育ったのだろう?」
とゆっくり考えていきます。

そのプロセスのなかでいつも思うのが、
この人が悪いわけではない。
人それぞれ異なる環境や影響があって
今のこの人の価値観があるのだと感じるのです。
そうすると、その人の苦手な行動や嫌いな言葉などを
少しずつ理解できるようになっていきます。

みなさんも一度誰かに質問してみてください。
相手のことが今よりも少し好きになれると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

では、もう一つ質問です。

「あなたの価値観の根本は何ですか?」

こう聞かれてすぐに答えられる人はそうそういないと思います。
ですが、この質問もお互いを知るために
僕がいつも考えていることなのです。

またまた僕の話ですが、僕の価値観の根本はおそらく
「努力」と「人を応援する」というところに
あるのではないかなと思っています。
どちらも多くの人が大切だと思う価値観の一つではあると思います。

ですが、僕が出会った人の中で、
こんな価値観を根本としている人がいました。
その価値観とは  「適当」  です。
これは“ふさわしい、適切”というような意味ではく、
“いい加減”という意味での「適当」です。

それを聞いたときに僕は全く理解できませんでした。
何しろ僕の価値観の根本は「努力」ですから。
なぜその人が「適当」という価値観を大切にしているかというと、
自分に極度には負荷をかけずに、
自分がやりたいことをやりたいようにできるというような理由でした。

確かに、自分がやりたいと思っていたことを
必死で取り組んでいれば、
苦しさが勝ってしまい
楽しさやおもしろさが失われていくかもしれません。

また、何よりも自分の心の声に正直になれるのだと思います。

その話を聞く前は、この人の少し適当な行動にも苛立っていたのが
(何しろ僕は「努力」を大切にしているので)、
完全に理解することはできませんが納得できるようになりました。

このように、今まで自分が大切にしてきた価値観で
物事を図っていれば理解できないことでも、
その人の価値観で物事を見てみようとしたときに
違う側面や感情を感じられるときがあるのです。

自分の価値観にあてはめていくことは簡単ですが、
たまには全く異なる価値観を理解しようとすることも大切だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近良く思うのですが、多くの人が簡単に人のことを
苦手に感じたり、嫌いになったりしているのではないでしょうか?

確かに自分には理解できない価値観や、言動はたくさんあります。
その理解できないことに出会ったときに、
あまり考えずに苦手・嫌いと思ってしまうのかもしれません。
ですが、そのような関係からは良い結果は何も生まれません。
グループやチームで行動する際には、
お互いを分かり合うことが大切なのではないでしょうか?

そのためにも、
まずは自分がその人のことを理解しようとする必要がありますよね。
これは誰もが分かっていると思っていることではありますし、
当たり前なことではありますが、
当たり前のことを当たり前にこなすことこそ
とても難しいということも分かっていると思います。

なので、様々な人と交流する中で、
苦手な人や嫌いな人がでてきたときに、
もちろんただただその人のことを
今よりも深く知りたいと思ったときに、
上に挙げた二つの質問をしてみて下さい。

きっと今よりもその人のことを少し好きになれると思います。
好きにはなれなくてもほんの少し分かり合えるようになるはずです。
ぜひお試しください。

———————————————————–

以上、当たり前なことではありますが、
僕がいつも大切にしている「価値観」に関してでした。

今回のコラムはどうでしたでしょうか?

今後もコラムをもっと良いものにしていくためにも、
ご意見・感想を送っていただくと嬉しいです!
どうぞよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です