NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第077号】なんとなく

【第077号】なんとなく

HOPE会員のみなさま、こんにちは^^
コラム担当の内牧です!

もう11月も終わりですね!
あっという間に2012年になってしまいますねー!
あと一ヶ月ちょっと、
今年やり残したことをがんばりましょう!^^

今回のコラムは、
愛媛大学 法文学部 総合政策学科
4年生の三宮洋太さんです。

テーマは
「なんとなく」です!

それでは、どうぞ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

HOPE会員の皆様こんにちは^^
Link×Linkプロジェクトの実行委員長をしているようたです。

知らない人もいると思いますので、
簡単な自己紹介を。
広島出身でカープが好きで赤が好きです。
これでなんとなく僕のことが分かったでしょうか?笑
分からない方はコラムを見てもらって
僕を知っていただけたらと思います。

今日書くのはコラムです。
でもコラムって何なんだろうなーって考えました。
ウィキペディアによると「新聞などの短い評論のこと」
だそうです。
さらに評論とは、
「他人の創造物についての感覚的好悪の情を
論理的に説明しようとする試みのこと」
だそうです。

うーん・・・良く分かりませんね。
なので今回はなんとなく
書きたいことを書かせてもらおうと思います^^
それコラムなのか?って疑問があるかもしれませんが、
あしからず。

前置きが長くなりました^^;
ではコラムの始まり始まり。

******************************

最近の趣味は映画を見ることです。
某レンタル店では旧作が50円で借りれるともあって、
毎週レンタル店に行っては借りて、返して、借りての繰り返しです。

最近では「ハイスクール・ミュージカル」を全部見ました。
“なんとなく”ずっと気になっていて、
こないだ劇団四季のミュージカルを
見たのがきっかけで
「ミュージカルいいじゃん!」って思い、借りてみました。

僕は直感で判断する人間なので、
“なんとなく”明るくなれるって思ったのが感想です。
内容が気になった方は自分で見てみてください。笑

今日書きたいなっと思ったことは、
そんな「なんとなく」ということについてです。

「なんとなく」って
いろんな場面で出てくる不思議で便利な言葉ですよね。
なんとなく思う、なんとなく続けているなど、
生活している時、無意識に結構使ってしまう言葉です。

僕の考え、行動の原点は、「なんとなく」が多いです。
勘というか、感覚で動いています。

確かに目的をしっかり持った方がいいのかもしれません。
そのほうがすっきりするだろうし、
やる気も出るのではないでしょうか。
目的を持つことで行動も劇的に変わるかもしれません。

でも僕は「なんとなく」が好きなんです。
その理由は・・・なんとなくです。笑

何かしらの習い事、習慣って
なんとなくの方が長続きすることってありませんか?
これって不思議とあると思うんです。

僕自身もそんな経験があります。
中学時代に近所の公民館でアーチェリーをしていました。

今ではアーチェリーも有名になってきましたが、
当時はまだまだマイナーでアーチェリーって何って感じでした。

アーチェリーを始めた理由は、友人に誘われたからです。
僕を誘った友人は3カ月で辞めてしまったのですが、
僕は中学校を卒業するまで続けていました。

こういうのってよく聞く話じゃないですか?
当の本人より誘われた人の方が長続きするやつです。

なぜこんなことが起こるのか。

理由は誘われた人は
なぜ自分がこんなことをやっているのか
はっきりと分からないから。

やり始めた理由は「誘われたから」でしょう。
それ以上もあるかもしれませんがスタートはそこです。
なんとなく始めたことです。

人っていうのはおもしろいもので、
理由のよく分からないことをしているときに
「どうしてこんなことをしようとしているのか」
を知ろうとするらしいです。

そしてそれを知るために続ける。

さらに「なんとなく」で続けていることって、
しんどくないんだと思います。
別に強制されてるものでもないし、
やめたい時にやめても良いです。

だから別に続けてもいいわけです。

逆にやめてしまう人は、
しっかりとした理由があるのだと思います。
このためにしている!!ってものがあるのだと思います。
それはとても良いことです。
でも得られた結果が少しでも違う、
足りない場合は
そのこと自体が違うと思ってしまうのではないでしょうか。
自分の描いてた型と
1ミリでも違うとそのこと自体が無性に嫌になる。

さらにやらないといけないって思うようになって、
どんどんそのことがしんどい、めんどくさいと
思うようになります。

自分を追い込むことは時には良いことだと思いますが、
しんどいことってやっぱ嫌ですよね。

そして違う何かに移ろうとする。

やめるときは簡単です。
やめる理由なんてたくさん出てきます。
「自分には合ってなかった」なんてよく聞くやつです。

「あとづけ」の理由だけど納得してしまいます。

今になっても僕がアーチェリーをしていた理由は
よく分かりません。笑
別に集中力をつけようとか、
大会で優勝しようとか思っていたわけでもありません。

でも結果としてはやってよかったと思います。
いろんな人と会えたし、
集中力もついたし、
精神面も鍛えられたのかなと思います。

さらに大会でも準優勝することが出来ました^^
(中学生の部の出場者は3人でした。笑)

結果論ってやつですけど
続けてたくさんのものを得れたと思います。

確実に言えるのは、
僕が続けられたのは
やっている明確な理由がなかったからです。
なんとなく良いかなって思っただけです。

人っていろんなことに
理由とか根拠とかつけたがるものなんですが、
「なんとなく」って感覚もとても重要です。

そこにはたくさんのものが詰まっています。

今の心境だったり、
体調だったり、
将来の夢だったり、
過去の経験だったり・・・

その一つ一つが
「なんとなく」を形成しているんじゃないんでしょうか。
なんとなく決めているが実は導かれたものかもしれません。

だから「なんとなく」を大切にしています。
それが一番自然体なのかなーっと思っています。

自分の今の状態がよく表れているのではないかと。

だから皆さんも何かするときは
「なんとなく」
を大切にしてみたらいかがですか?
そこには無限の可能性があるかも!?

ここで書いた話は極端な内容かもしれません。笑
理由を持つことももちろん大切です。
「なんとなく」だけで生きていたら
後々後悔するかもしれません。

でもでもそれにこだわり過ぎずに「なんとなく」でいいんです。

それでうまくいくときもあります。

******************************

どうでしたか?

書きながら思っていたのですが、
「なんとなく」には様々な意味があります。

同じ「なんとなく」でも
使う場面もよって意味は異なってくると思います。

普段無意識に使ってしまう「なんとなく」ですが、
なぜ自分がそう思ったのか考えてみるのも面白いかもですね。

僕自身もこれから「なんとなく」の感覚を大切にしようと思います。

これを読まれて、自分の考える「なんとなく」はこうだ!
など何かご意見、感想などありましたら教えてください^^

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です