NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第095号】理想の自分に近づくために

【第095号】理想の自分に近づくために

HOPE会員のみなさま
こんにちは!
コラム担当の内牧です^^

最近、毎日暑い日が続きますね!
運動の後に牛乳を飲むと、血液量が増加し、
汗をかきやすくなるため暑さに強い体になるそうです!
今年の夏を乗り切るためにぜひ牛乳を!

今回のコラムは、愛媛大学法文学部4年の高橋愛さんで、
テーマは 『理想の自分に近づくために』です!

それではどうぞ!

——————————————

HOPE会員のみなさま、こんにちは。

今回事務局員コラムを書かせて頂くことになりました、
愛媛大学法文学部4年の髙橋愛と申します。

以前、団体インタビューを担当し配信させて頂いていたので、
私の名前を聞いたことがあるという方もおられるかもしれませんね^^

少しでも私のことを知ってもらいたいなと思いますので、
内容に入る前に簡単な自己紹介をしていきます。

出身は愛媛県今治市、最近バリィさんで有名なところです。
大学も愛媛大学とずっと愛媛で暮らしてきました。
なので、尋常じゃないほど人ゴミが苦手です。(笑)
カフェでファッション誌を読むこと、服を着ることが大好きな
どこにでもいるごくごく普通の大学生です。

そんな私が書くコラムのテーマは『理想の自分に近付く為に』です。

私は、理想の自分に近付く為には
「理想を明確にする」ことが必要だと感じています。
なので、今回はこのことについて書かせて頂きます。
拙い文ですが、最後まで読んで頂けたら幸いです。

—————————————————–

『理想の自分に近付く為に』

みなさんは、理想の自分像っていうものを持っていますか?

私は、人より持っているのでは…と感じるくらい持っています(笑)
それは、自分の体型や服装、考え方や人との関わり方、
立ち振る舞いなど本当に様々です。

そして、「理想の自分ならこうするな」と考えながら生活しています。

こんな風に書いたら、
どれだけキッチリした人なの?
と思われそうですが、実際の性格は正反対です(笑)
本当にサボり癖がひどくて、睡眠とのんびりするのが大好きです。
しかし、その一方で人に迷惑をかけること、締め切りに間に合わないこと、
しなければいけないことをきちんと出来ないことが許せない性格です。

自分でも嫌になるくらい変な性格をしています(笑)

私が「理想の自分像」について意識しだしたのは大学生になった頃です。
はじめから外見的理想はしっかりと持てていたのですが、
内面的理想は大雑把で、「キラキラな人になる」的なものでした。

「え、キラキラな人ってなに!?」って言いたくなりますよね…(笑)

当たり前ですが大雑把な理想だったので、
目標や言動が時によってバラバラで、
一貫性がないものだったように思います。

こんな私が「理想の自分像」をしっかり持つようになったのは、
将来進む道がなんとなく決まってきた大学4年になってからです。

「最近始めたことなのになにコラムのテーマにしているんだ!!」と
突っ込まれそうですが、

テーマにしたいほど生活に影響が出ていて、
周りにも「最近なんだか変わったよね」と言ってもらえています。

そして、言われる内容が理想の自分に近付いているのも事実です。

では、私がどんな理想の自分像を持ち、その理想に近付く為に
どんな行動をしているのかについて一つ例に挙げて書いていきます。

私の理想の自分像の中に「軸をしっかり持つ」というものがあります。
そして、それに近づくために多くの目標があります。
そのなかで、すぐ行動に移しやすいものとして、
「今日の目標をSNSにつぶやく」というものがあり、
それを出来るだけ毎日続けてやっています。

「え、それだけ?」とみなさん感じると思います(笑)

しかし、目標を立てるためには、必ず頭の中で今日の流れを確認し、
自分の過ごしたい理想の1日を連想しなければなりません。

でもそれをするだけで、なにも考えずに過ごすより、
自分の理想に近付けると思いませんか^^?

私は、そんな小さなことを楽しみながら続けるだけで、
少しずつ行動や考え方が変わり、理想の自分に近付いていきました。

先程、例に挙げたものはあくまでも私の理想のための目標です。
なので、みなさんに当てはまるというものではないと思います。
しかし、毎日の些細な自分の言動や考え方が、
将来の自分に繋がっていることは同じだと思います。

私は、日々の小さな目標が理想の自分への近道になると思っています。
そして、その目標を立てるためにも、理想を明確にする必要があります。

なぜなら、おぼろげな理想では行動に反映させ辛いですし、
どうすれば近づけるのか自分でもわからないからです。

また、わからないままで過ごすと、

楽なだけの生活を送ってしまい
どんどん理想とはかけ離れた自分になってしまいます。

もし、今回のコラムに少しでも共感していただけたなら、
一つでもいいので理想の自分像を明確にしてみてください。
そして、そのための目標を立ててみてください。
そうすれば、毎日の生活が少し変わっていくと思います。

今回のコラムが、みなさんのこれからの何かきっかけになれば嬉しいです。

—————————————————

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

それでは失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です