NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第101号】インド旅行記

【第101号】インド旅行記

HOPE会員のみなさま
こんばんは^^
ML担当の内牧です。

今回の事務局員コラムは、
徳島大学総合科学部4年の河野景子さんの
『インド旅行記』です!

それではどうぞ!

———————————————————

HOPE会員のみなさま、こんにちは^^
今回事務局員コラムを書かせて頂くことになりました。
徳島大学総合科学部4年の河野景子と申します。

まず簡単に自己紹介を。愛媛県は宇和島市出身!
さらに詳しくいうと『山なみに海とミカンがにあう町、吉田町』出身です。
かなりローカルなところに住んでいました。(笑)
大学では環境分析化学を専攻しています。
簡単に言うと河川の分析です。日々化学と向き合っています(笑)
あと、人とのおしゃべりが大好きです。
ついついしゃべりすぎてしまいます。てへぺろ

HOPEとの関わりはギャザリングで、第7・8回とスタッフをしていました。
ふと思い返すと、2年前なんですね!
月日が過ぎるスピーディさに正直、驚きを隠せません!笑

さてさて、今回は縁あってコラムを書かせていただくことになりました。

内容はと言いますと・・・・
大学生最後の夏休みに2週間インドに行っていました。
インド・・・一言では言い表せられないパワーを持った国でした。
『インド旅行記』、拙い文章ですが、どうぞ。

*****************************
◆わたしがインドに行った理由

今回私がインドに行くことになったのは親友のYちゃんに誘われたからだ。

あ、違う。

インドに呼ばれたからだった。(笑)

『インドへは行きたいと思っていても、
インド側からお呼びがかからない限り、行くことはできない。
インドに呼ばれる時期も決まっている。インドはそういう国なんだ』

という三島由紀夫の有名な言葉がある。

だから、
インドからお呼びがかかったから行ったのだ。と思いたい。(切望)

それはさておき、去年の11月にYちゃんに誘われたのがきっかけだ。
『来年の夏、一緒にインドに行かないか?』
私は何も考えず『行く』と即答した。
その瞬間からインドへの誘(いざな)いが始まっていたのだ。

このとき、まさか自分がインドでお腹を下すとは思ってもみなかった。
しかも、毎日(笑)
そんなこともひっくるめて、インド最高!(笑)

*****************************
◆インドのイメージ

インドのイメージ...
どんなことを思い浮かべるだろうか?

カレー、ヨガ、タージ・マハル、ガンジス川、ヒンドゥー教、物乞い
ガンジー、貧困、スラム、カースト制度・・・あ、カオス(混沌)とかも…

あげたらきりがないが、ざっとこんなものだろう。

わたしのインドのイメージと言えば、
カレーと紅茶とガンジス川とカースト制度とデカン高原(笑)
よく地理のテストに出てきたのだ。

しかし、あたしはあまりカレーが好きではないし、辛いのがすごく苦手。
紅茶に至っては、ほんとに嫌い(笑)

あれ?あたしインドに行っていいのかな?(笑)と不安がよぎる
が、(インドに)誘われたら行くしかない。

たくさんのイメージを抱え、インドという国に足を踏み入れたのだ。

実際のインドは…

一言では表せきれない!!!!!!!
でも、あえていうならば、
『THE★カオス』その一言に尽きる。

町にはたくさんのごみが落ちていて、それを牛が食べている。
クラクションは常に鳴り響いていて、車線なんか総無視。
車線なんて無視だぜー。が、ステイタスみたいな(笑)
駅のホームで寝ている人当り前。
昼間から。仕事も家もないのかもしれない。
町を歩けば、物乞いがお金をくれとたかってくる。

あと、駅はものすごく臭い。
列車内のトイレからは線路が垣間見える。
そう。ブツをあの広大なインドの大地にばらまいているのだ。

これらの出来事は、日本ではありえないから“カオス”と感じるのだろう。
でも、現地の人にとってはこれが普通なのだ。

『普通って何?』よく、インドで自分に問いかけた。
普通って言葉は難しい。だって、人それぞれ普通は違うんだもの。
でも、普通っていう定義を自分の中で作ってしまう。
そして、それを基準にして、ものごとを見てしまう。
自分のものさしを持つことはすごく大切なことだけど
それに囚われすぎるのも良くない。

情報を得て、視野を広げなくては!
やはり、いろんなモノや世界を見なければならない!

あぁ、インドのあんまり良くないイメージを書いてしまった…
行きたくないなと思われたら嫌なので(笑)
言っておく。インド、最高!(笑)

*****************************
◆インドの食事

インドの食事といえば、毎食カレーなんでしょ?
と思う人も少なくないだろう。

あながち、嘘ではない。
正解だ!(笑)

カレーは毎回出るのだけれど、その他の料理も全てカレー味なのだ。
でも、いろんな香辛料がミックスされているから、本当においしい!!
タンドリー・チキンなんか、絶品だ!!(もちろん、すごく辛いカレー味)
なかでも、私の胃袋を掴んできたのが
『ドーサ』という料理。(ググって下さい)
唯一、インドで右手だけを使って食べた料理。
ほんとに右手だけって難しい。インド人を少し(笑)尊敬したときだった。

機会があれば、ぜひ食べてほしい!!

胃袋を掴まれれば、たちまち、その国が好きになる。(単純か!)
私的にインド料理にハズレがなかった気がする!
インド料理も最高!!!

*****************************
◆愛する妻のために22年もかけて建てられた巨大な墓、『タージ・マハル』

インドに行って欠かせないのが、世界遺産『タージ・マハル』

う、美しすぎた。夢のようだった。
これは、本当に実物を見てほしい。

その建物が、人間が住んでいたわけでもなく、
神を祀るものでもなく、ただ死に捧げられた建造物だったことに
なにか違和感をも抱いた。

世界各地から貴石が取り寄せられ、職人が集められて
22年という歳月をかけて完成したらしい。
そんなに愛されていたなんて、幸せだったんだろうなと
時を越えて伝わってきた。

大変、白くて美しいタージ・マハルに思えたが、
近年の大気汚染で白い大理石がくすんでしまっているらしい。
また、酸性雨などで大理石が溶解している箇所もあるらしい。
(なんてこった!これは、大変だ!!!)

よって、1994年には大気汚染を抑制するために
タージ・マハルの周囲1万400平方メートル内での
新たな産業開発が禁止された。
また、ディーゼルエンジンの車は途中の駐車場で
ストップしなげればならないルールになっているらしい。
世界遺産を守るために対策を立てていることに少し安心をした。

しかし、世界中で環境問題は蔓延しているのだ。
どこの国もこの問題とも向き合っていかなければならない。

*****************************
◆世界共通語English 世界共通Happy Tool 笑顔

英語が苦手な、いや、大嫌いな(笑)私は友人に頼りっぱなしだった。
申し訳ない。。。
しかし、本当に苦手で、高校の英語の先生からは
センター試験の1週間前に「最終手段だ!英語の参考書を食べて覚えろ!」
と授業中に皆の前で言われたくらい致命的だったのだ。(切実!)

よって、私は「笑顔」でこの旅を乗り切った(と思う!笑)

とりあえず、万国共通の「Smile」の力は偉大だ。

ミラー越しに見える運転手、隣の車に乗っていた同年代くらいの女性
はたまた、銃を持っている警官にまでも、笑顔を向けると笑顔が返ってくる。

笑顔を向けられて、嫌な気持ちになる人なんて、ほとんどいないだろう。
笑顔は伝染するのだ。HAPPYな気持ちさえも。

が、近距離の人にニコッと笑うと、笑顔+英会話がついてくる(笑)
ひゃーー。キャパオーバーだ。(え?キャパ狭い?笑)

とりあえず「ナマステ~」と言っておいた。
なんとかなるものである。(笑)
でも、笑顔ってほんとうに人を幸せにする。
あたしの心が満たされていくのがわかった。

笑顔は最強なパワーを持っているものであると痛感したのだ!!

これは海外での話だけではないと思う。
私がアルバイトをしている居酒屋に
以前、耳が聞こえない団体のお客様が宴会をしていた。

手話で会話をしているのだが、笑い声が絶えない。
そして、お客様全員の表情が常に豊かなのだ。

手話でコミュニケーションをとっている彼らの表情は
私の表情まで豊かにさせたのだ。

まさか・・・・・

Smile、最高!!!!!

*****************************
◆最後に、アジア(インド)の魅力

このインドの旅から帰国して感じたことは、
『アジアの魅力だ。』
正直、私はアジアに対する変な偏見を持っていた。
清潔ではないし、下痢になるし、絶対汚いだろうし
旅行には行きたくない!と。
アジアだったら日本!だと(笑)

しかし、インドに行ってみて気づいた。
アジア・・・・・・・悪くない。(笑)

もし、私がもう少し早い時期にインドと出会っていたら・・・
もう少し、英語が聞き取ることができたら・・・

きっと、アジア圏を一人旅していたに違いない。

いや、まだ遅くはないはずだ。社会人になって
落ち着いてきたら、アジア圏に絶対行こうと思う!

まぁ、おばあちゃんになってからでもいいかな~なんちゃって。

せっかく、アジア圏の日本に生まれたのだから。
アジアって本当に美しい場所がたくさんあるのだから。
人生1度きりなのだから。
行くべきですよね。うん。うん。

そうも想わせる国、インド。不思議な国です。

インドに行った人は『絶対また行きたい!』という人と
『絶対あんな国、二度行きたくない!』という二者にわかれるらしい。

私は、『機会があれば、また行きたい』だ。

まさか、帰国後またインドに行きたいだなんて
自分が思うとは思いもしなかった。
インド★マジックにかかってしまったのだ!

毎日お腹を下していたインド(笑)
懲りずに、また行きたいと思う国なんて、そうそうないだろう。

もうそろそろコラムが終わりに近づいてきました。
この拙い文章を読んで、インドやアジア圏に行ってみよう!
と思ってくだされば幸いですが、
興味をもって読んでくださっただけで私はHAPPYです。

これであなたもインド★マジックにかかりました。

そう、つまり、願わくば、

インド、最高!!!!!!

*****************************

長い&拙い文章を
最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。まだまだ、インドではたくさんの面白いことがありました。
よって、会った時に尋ねてやってください。しゃべり続けます(笑)

最後に。ご意見、感想等頂けましたら幸いです。
はたまた、インドに興味を持った~だけでも頂けると、とっても嬉しいです^^

皆様の幸せを願って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です