NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第146号】GAS実行委員長コラム15thギャザリング

【第146号】GAS実行委員長コラム15thギャザリング

皆さんこんにちは。
気温の高い日が続いていますね。
私は早くも夏バテ気味ですが日々頑張っております。笑
会員ML班の井上です!

2014年夏GAS実長コラムは今回で最後となります!
トリを飾るのは、第15回四国青年環境系合宿四国ギャザリング実行委員長、
高知大学2年の小久保亜紀さんです。

それではどうぞ♪

***************

Q1.何故実行委員長をしようと考えたのですか?

私が実行委員長になろうと決意した理由、
それは率直に言うと「何事も経験」と感じたからです。
せっかく実行委員長になるチャンスが自分に舞い降りたんだから、
そのチャンスを掴まずしてどうする!?と。
この経験を生かして、ひとりでも多くの人に影響を与えたい、
大好きな四国を学生の力でもっと活性化させたい、とも感じたからです。

Q2.今合宿をより素晴らしいものにするために何を心がけていますか?

「笑顔」を大切にしています。
今合宿のスタッフはみんな、笑顔がきらきらしたメンバーばかりです。
一緒にいるだけでこっちまで笑顔になっちゃいます。
幸せな気分になっちゃいます。
この「笑顔」には参加者のみなさんも幸せになるはずです。
2泊3日の合宿をより有意義にしてもらうには、
まず「楽しい」といった気持ちが大事。
そのため私たちはよりきらきらした「笑顔」を心がけています。

Q3.この合宿のウリは?

今合宿は、環境問題、その中でも「食糧問題」と「水問題」に
スポットをあてて、環境についてふれていきたいと思っております。
なぜ、食糧と水なのか。
それは、わたしたちのまわりに「あたりまえ」に存在するからです。
食糧がない、水がない生活、考えたことありますか?
世界では食糧不足、水不足に悩む人々が数多く存在します。
この「未知の世界」を私たちと一緒にみつめてみませんか?

Q4.今合宿のテーマは何ですか?

テーマは「あたりまえの見つめなおし」です。
美味しいごはんが食卓にならんで、あたたかいお風呂に入って、
きれいな水で顔を洗って歯を磨いて…
この「あたりまえ」って本当にあたりまえなのか。
こういった環境を今一度見つめなおし、
今自分は何をすべきかを共に考えていきましょう!

Q5.コラムの読者に一言!

最後までご覧いただきありがとうございます。
このコラムを読んでくれたそこのあなた!
私たちと一緒に環境問題についてふれ、笑顔あふれる四国
いや、世界にしましょう!
ギャザリングでお会いできること、楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です