NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第149号】暑お見舞いのご挨拶

【第149号】暑お見舞いのご挨拶

HOPE会員の皆さまこんにちは。
事務局情報部会員ML班の和田です。

今年は暑さよりも雨が心配な地域もある夏ですね。
自然の強大さを感じずにはいられません。

さて、本日は理事長の磯部より、
残暑お見舞いのご挨拶をさせていただきます。

*****************************

残暑お見舞い申し上げます。
理事長のまとばこと磯部でございます。

先日は各地、特に四国においては高知での台風が大変でしたね。
高知大学では、ひざ下まで浸水していたようで驚きでした。

さて、この情報ですがどのように私が知ったかというと・・・
何を隠そうFacebookやTwitter、
それから2ちゃんねるをはじめとするネット!
テレビや新聞ではないんですねえ。
これってひと昔前から考えたら凄いことですよね。

(余談ですが、草彅君があれだけ「地デジ地デジ」言ってたのに、
 乗り遅れてしまった私は、それ以来ライフサイクルから
 テレビの視聴が消えました(笑))

例えば帰省した時、地元の友達が結婚したねなんて話題を振っても
よくある回答は「ああ、見た見た」です。無論Facebookでのことですが。
SNS効果恐るべしですね。つい数年前にはなかったものなのに、です。

さてさて、私たちHOPEは、いよいよ夏GASに向けてラストスパート。
それから息つく間もなく、事務局ミートに春GASキックオフミート。
そして今季から始まったひとつの目玉事業REVIEW後期開催、さらにSTEP。

色々な企画が盛りだくさんですが、
みんな、体調に気をつけながら各々の速度で大成功に向けてがんばってます。
是非みなさんも遊びに来てくださいね。

SNSよろしくバーチャルなつながりがどんどん増えている中、
これからも私たちはあえて「顔の見えるネットワーク」の重要性を感じながら
相変わらず泥臭くひた走っていきます。

次にお会いできることを楽しみにしながら。
末筆ではありますが、みなさま、よい夏休みをお過ごしください。

今日もいい日でありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です