NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第157号】GAS2014夏参加者コラム04

【第157号】GAS2014夏参加者コラム04

こんにちは。
会員ML班の井上です♪

本日も、第12回四国青年国際系合宿Saladの
参加者感想コラムをお送りしたいと思います。
書いて頂いたのは、徳島大学3年の住田雄佑さんです。

それではどうぞ!

****************

Q1.何がきっかけでこの合宿に参加しようと思ったのですか?

もともと国際交流や国際協力のことに興味があり、
色々と活動をしてきましたが、もっと自分を成長させたい
と思っていました。
そんな時にAPOLLEの実行委員をしている友達が
Saladのことも教えてくれ、ぜひ参加したいと思い、参加しました。

Q2.参加する前の心境をよろしくお願いします!

正直言って人見知りなので、うまく初対面の人と話せるかどうか
不安でいっぱいでした。
それと同時に自分と同じように国際協力に関心がある人や、
自分より面白い考えをもっていたり、行動をしたりしている人と
会えるのではないかとワクワクもしていました。
なので、積極的に色んな人と話してたくさん
繋がりを作っていきたいと思っていました。

Q3.イベント前と後で自分の気持ちや考え方はどう変化しましたか?

最初は人見知りで緊張していたのが、
企画を通して色んな人と話していくことで
友達が増えていき、緊張がほぐれていきました。
思っていたより、国際協力に対して
熱い想いを持った人たちが多く、とても刺激を受けました。
以前から四国規模で学生による国際協力のイベントをしたいと
考えていたので、Saladに参加している熱い想いのメンバーとなら
できるのではないかとワクワクしました。

Q4.このイベントを機に、これからどうなっていきたいですか?
   また、どうしてそう思ったのですか?

以前からやりたいと思っていた四国規模での学生による
国際協力のイベントをしていきたいと思いました。
まだまだ世界に目を向けている人がたくさんいると思ったからです。
またこのイベントに参加したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です