NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第159号】GAS2014夏参加者コラム06

【第159号】GAS2014夏参加者コラム06

皆さんこんばんは。
会員ML班の井上です♪

今回で、2014年夏GAS参加者感想コラムは終了です。
トリを飾って頂くのは、香川大学1年の鉛口梢さんです。

それではどうぞ!

*************

Q1.何がきっかけでこの合宿に参加しようと思ったのですか?

高校時代の友人がスタッフをするということを本人から聞き、
応援したいと思い参加を決めました。
また四国の大学生とのつながりを増やし、
今後の大学生活をより充実したものにしたい
という想いがあり参加しました。

Q2.参加する前の心境をお願いします!

ギャザリングスタッフによるFacebookでの
企画紹介などを見て、とても楽しみにしていました。
また香川以外の四国の大学生との出会いや
まだ自分の知らない四国内の新しい活動との出会いにも
大変期待をしていました。
一方知り合いがほとんどいない環境に不安もありましたが、
始めのアイスブレイクから自然と私を仲間に入れてくれた
皆さんに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

Q3.イベント前と後で自分の気持ちや考え方はどう変化しましたか?

同年代とは思えないような多くの経験をされている
沢山の学生とお話を聞いて、単純に
「私も負けてられない!」と感じました。
自分が今している活動にとても良いモチベーションになりました。
始めは軽い気持ちで合宿に参加しましたが、
思いもよらないほどのたくさんの素敵な出会いがあり、
今後もたくさんの人たちとの出会いを
大切にしようと考えるようになりました。

Q4.このイベントを機に、これからどうなっていきたいですか?

四国の学生が集まるとても良い機会である一方、
香川県、徳島県からの参加者が圧倒的に少ない点に
とても勿体なさを感じました。
せっかくの良い機会だと思うので今後も積極的に活動に参加し、
自分の周りの身近なところからこの活動を広めていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です