NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第161号】GHOコラム04

【第161号】GHOコラム04

皆さんこんにちは。
会員ML班の井上です。

12月に入ってますます寒くなってきました。
今週末も更に冷え込むそうです。
寒いのが苦手な私ですが頑張って乗り切ります!

さて、今回のGHO(頑張っている人を応援しよう!)コラムは、
教育系合宿APOLLEのスタッフ経験者でもある、
愛媛大学3年の藤井実季さんに書いて頂きました!
それではどうぞ♪

***************

Q1.現在、どのような活動を行っていますか?
   また、過去どのような活動をしましたか?

高校2年の冬から、「あぷりこっとキャンプ」という
夏・冬に年2回、主に小学生を対象にした
キャンプのスタッフをしています。

Q2.なぜその活動をしようと考えたのですか?

子どもとかかわることが好きなのと、
教師を目指していたので、たくさんの子どもと
かかわる機会がほしくて参加することにしました。
参加してみると普段の生活から離れて
いきいき活動している子どもたちの表情が本当に素敵で、
子どもたちのそういう表情を引き出す活動に
ずっとかかわっていたくて続けています。

Q3.今後どうしていきたいですか?
  (どうなりたいか、どんな人になりたいか)

いろんな形で子どもとかかわっていますが、
そのときどきにたくさんの発見があります。
広い視野+子ども目線をもっている人になっていきたいな
と思っているので、子どもとの出会いはもちろん、
行った先の方々との出会いを大切にできるようにしたいです。
とりあえず今は今年の冬キャンプを
子どもと思いっきり楽しむことが目標です。

Q4.会員(読者)の方々に向けて一言お願いします!

HOPEの活動に参加したのは少し前のことですが、
今でもあのとき出会った人から教わったことや
経験したことはしっかり残っています。
ちょうど今、あぷりこっと冬キャンプに向けて
準備中なのでこのようなコラムを担当させていただきました。
ありがとうございました(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です