NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第172号】GAS2015春参加者コラム02

【第172号】GAS2015春参加者コラム02

皆さんこんばんは。
会員ML班の井上です^^

本日の内部イベントコラムも昨日に引き続き、
第16回四国青年環境系合宿四国ギャザリングの
参加者感想をお送りします!
書いて頂いたのは、高知大学1年の齊藤愛梨さんです。

それではどうぞ!

******************

Q1.何がきっかけでこの合宿に参加しようと思ったのですか?

今回友人が初めてスタッフをすることになり、
その友人から、一緒に参加しないかと
誘われたのがきっかけです。
四国ギャザリングではどんなことをするのか聞いてみたら
とても面白そうだと思い、
興味がわいたので参加してみようと思いました。

Q2.参加する前の心境をお願いします!

今までこのようなイベントに参加しようと
思ったことすらなく、
完全に初めての試みでしたし、
スタッフには友だちがいましたが、
参加者の中には友だちがおらず
単身で乗り込む感じだったので、
とても不安でした。
しかし、元々人と話したり小説を読んだりして
人の世界観に触れることが好きだったので、
どんな世界観を持った人がいるのか、
その人たちと話して新しい考え方に触れることが
楽しみで仕方がありませんでした。

Q3.イベント前と後で自分の気持ちや考え方はどう変化しましたか?

今までは何事も受け身で自分から
何かをすることはほとんどありませんでした。
しかし、今回の四国ギャザリングに参加して、
様々な人の話を聞き、もっと色々なことに
積極的に参加したり、自分で考えて行動したりしようと
思うようになりました。
また、私は今実家をでて一人暮らしをしているのですが、
両親に滅多に連絡していませんでした。
しかし、震災などで連絡が取れなくなる前に
もっとたくさん両親と話しておこうと思い、
連絡をとろうと思い直しました。

Q4.このイベントを機に、これからどうなっていきたいですか?
   また、どうしてそう思ったのですか?

もっと色々なことに挑戦していきたいです。
今1番やりたいことは全国のゲストハウスに泊まり、
また色々な人とお話することです。
四国ギャザリングに参加するまでは
ゲストハウスなんて聞いたこともなくて
全く興味がありませんでしたが、
学生講師の方の話を聞いて初めてそんな施設があることを知り、
そこには様々な人が泊まることを知りました。
日本人だけではなく世界中の様々な国の人も
泊まると聞いたのでもっと世界観を
広げられるのではないかと
とてもワクワクしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です