NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第187号】GHOコラム09

【第187号】GHOコラム09

おはようございます。
会員ML班の井上です^^

最近急激に寒くなってきましたが、
体調を崩さないように体調管理を
しっかりとしていきましょう!

さて、本日はGHO(頑張っている人を応援しよう)コラムを
お送りしたいと思います。
書いて頂いたのは、GASの学生講師として
活躍している、高知県立大学4年の舛谷修子さんです。

それではどうぞ!

**************

Q1.現在、どのような活動を行っていますか?
   また、過去どのような活動をしましたか?

NPO法人「絵本で子育て」センターで絵本講師として
絵本講座をしています。
絵本講座とは子どもにかかわるすべての人を対象に、
「絵本を使って子育てをするといいですよ」
ということをお伝えする講座です。
私と同じく絵本講師の資格を取得して
絵本講座をしている方はたくさんおり、
皆さんそれぞれの持ち味を生かして
様々なスタイルで絵本講座をしています。
子育ての経験のある方や保育士として
働いている方などは自分の経験談を交えながら、
実際に子育てをしているお父さんお母さんや妊婦さん、
学校の先生などを対象に絵本講座をしています。
私はまだ出産や子育ての経験がないので、
今子どもにかかわっている方たちではなく、
“これから子どもにかかわりたいと思っている人”
を対象に、「パパとママになる前の子育て講座」
として心理学や看護学の視点で子育てに
必要なものはどんなものなのか、
子どもとどうやってかかわればいいかなどを
お話ししています。

Q2.なぜその活動をしようと考えたのですか?

私は助産師として活動するべく今勉強をしています。
助産師と聞くと出産の時に赤ちゃんをとりあげる
というイメージがあると思うのですが、
助産師の役割はそれだけではなく、
親子関係がうまく築けるように
お手伝いするのも大きな役割の1つです。
看護学部に入学した時に、
既に絵本講師の資格を取得していた母から
「子どもにかかわる職業に就くなら勉強するといいよ」
と絵本講師・養成講座の受講を勧められたので、
将来の役に立つならと思い、
大学1年生の時に資格を取得しました。
資格を取得して3年になりますが、
あの時に受講をして
本当に良かったといつも思っています。

Q3.今後どうしていきたいですか?
  (どうなりたいか、どんな人になりたいか)

今後は助産師の資格を取得して、
子育てをするお父さんお母さんの
居場所作りをしていきたいと考えています。
絵本講師としての知識と助産師としての
知識を融合させて育児支援のスペシャリストになります。
また、私自身も出産という女性ならではの
ライフイベントを経験して母になり、
子育てをするお父さんお母さんに寄り添いたいです。

Q4.会員(読者)の方々に向けて一言お願いします!

NPO法人「絵本で子育てセンター」では
主婦の方、学校の先生、小児科医などなど、
いろいろな方たちが勉強しているのですが、
若い人は私を含め3人しかいません。
これから社会を動かしていく世代の方たちに
学んで欲しいことだと思っています。
みなさんとぜひ一緒に勉強したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です