NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第190号】GAS2015夏参加者コラム01

【第190号】GAS2015夏参加者コラム01

こんにちは、会員ML担当の井上です^^

最近急激に冷えていますが
体調の方はいかがですか?
足元を温めたら全身ほかほかになるので
とてもおすすめです♪

さて本日は、半年に1度配信される
内部イベントコラムをお送りしたいと思います!

この内部イベントコラムは、半年ごとに行われる
HOPEの事業であるBS(ボトムアップサポート)事業の
中のGASという3つの合宿イベントに参加して頂いた方々の
感想を、会員の皆さんに読んでもらおうというものです。

今回の2015年度春GASは、
・第17回四国青年環境系合宿四国ギャザリング
・第13回四国青年教育系合宿APOLLE
・第14回四国青年国際系合宿Salad
が行われました。

まず最初の参加者感想は、
第17回四国青年環境系合宿四国ギャザリング参加者の
中矢大輝さんに書いて頂きました。

それではどうぞ!

****************

Q1.何がきっかけでこの合宿に参加しようと思ったのですか?

友人から誘われて参加しました。
私の出身地でもある四国で、
多くの学生が世の中をよくしようと立ち上がっている
ということを知り、迷わず参加を決心しました。

Q2.参加する前の心境をお願いします!

色々な不安を抱えていました。
参加人数も知らず、2泊3日の日程以外、
その内容も知りませんでした。
知り合いも少なく、自分を受け入れてくれる人がいるのかどうか
心配していました。
しかし、このような未知の体験に対する好奇心と、
自分をもっと磨きたいという意志が
全体として不安に勝っていたと思います。
参加を後押ししてくれた友人の存在も大きかったと思います。

Q3.イベント前と後で自分の気持ちや考え方は
   どう変化しましたか?

今回の合宿で、自分のことを理解してくれる、
受け入れてくれる人の多さに感動し、
自信を持つことができました。
ワークショップ形式で多くの人と話しましたが、
全員がそれぞれ特有の意見をもっている姿をみて、
「人と違っていいんだ」という気持ちを持つとともに、
人の意見を受け入れる寛容さの大事さを実感しました。
今後、この自信を生かして、
行動をおこしていきたいと思います。

Q4.このイベントを機に、これからどうなりたいですか?

同年代で、精力的に活動している人たちと関わって、
行動力、発言力、または感化力といったものが、
自分にはまだまだ足りていないなと反省できました。
知行合一の精神でもって自らの限界に
チャレンジしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です