NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第194号】GAS2015夏参加者コラム05

【第194号】GAS2015夏参加者コラム05

こんにちは。
会員ML担当の井上です^^

本日も内部イベントコラムをお送りします。
書いて頂いたのは、
第14回四国青年国際系合宿Salad参加者の
徳島大学2年、大内幸一さんです。

それではどうぞ!

**************

Q1.何がきっかけでこの合宿に参加しようと思ったのですか?

第14回Salad実行委員長の平山智佳さんの
お誘いがきっかけでした。
その時にSaladというものがあると聞いて
「めっちゃ面白そうやん!」と思って
その場で参加する事を決めました(笑)

Q2.参加する前の心境をお願いします!

他県の学生団体ではどのような活動が行われているのか
前々から興味があり合宿前日の夜は
わくわくが止まらなくて熟睡できませんでした。
また、以前徳島で行われたイベントで知り合った友人と
偶然行きのバスで同じになり
愛媛に到着する前から楽しかったです。

Q3.イベント前と後で自分の気持ちや考え方は
   どう変化しましたか?

アイスブレーキングの必要性を
改めて考えさせられました。
初対面の人と打ち解け合う為の方法としては
最適だと思いました。

Q4.このイベントを機に、これからどうなりたいですか?

今後もgreenbird徳島という学生団体の活動を通じて
「ポイ捨てなんてカッコ悪いぜ!」
という考えを広めたいです。
私服姿で楽しく徳島の街をお掃除する活動を続け、
徳島の魅力を発見し、PRできるような大学生になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です