NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【第197号】GAS実行委員長コラム15thSalad

【第197号】GAS実行委員長コラム15thSalad

こんばんは。
情報部会員ML班の井上です^^

現在、2016年春GASに向けて
各実行委員が動き出しているところです。
そもそもGASとはなにか、について
簡単に説明いたします。

GASというのは、
G→四国青年環境系合宿四国ギャザリング
A→四国青年教育系合宿APOLLE
S→四国青年国際系合宿Salad

の略称です。
その名の通り、環境・教育・国際
3つの社会問題について2泊3日の合宿を通して
初めて出会った仲間たちと話し合おう、
というものです!

ということで本日は、
第15回四国青年国際系合宿Salad
実行委員長の神代悠夜さんの
実長コラムをお送りします。

それではどうぞ!

**************

1.何故実行委員長をしようと考えたのですか?

1番の理由はSaladが好きだからです。
私は大学1年の時にSaladに出会いました。
Saladに出会うまではずっと大学生活にもやもやを感じていて、
後ろ向きな毎日でした。
しかしSaladに出会って、いろんな人の考えに触れて
私の世界が大きく大きく変わりました。
Saladに出会えていなかったら今の私はいません。
だからSaladに恩返ししたい、そして私の思う国際を伝えていきたい
と思い実行委員長になりました。

2.今合宿をより素晴らしいものにするために何を心がけていますか?

合宿をより良いものにするために心がけていることは2つ。
それはスタッフの意識の統一と個性を大切にすることです。
スタッフそれぞれに伝えたい思い、
チャレンジしてみたいことがあると思うのですが、
やはり思いを統一することが団結力へつながり、
合宿の成功にもなると思います。
なのでみんなでこれはクリアしよう、
これを目標にしようと話し合って思いを統一しています。
そして個性です。
それぞれに強みがあることを理解し、生かし、
助け合うことでより良いものを作れると思っています。
主にその2点を心がけています!

3.講師の方はどのような方ですか?

講演会は、国際NGOのオックスファムジャパンの
職員の鈴木洋一さんをお呼びします。
鈴木さんは大学在学中から、日本模擬国連の代表、
日本国際連合学生連盟理事、世界銀行系ユースネットワーク理事、
G8サミットに対する若者の政策提言・キャンペーンコアメンバーなど
様々な活動を経て、国際ロータリー、アムネスティ、オックスファムにも
在学中からかかわり、大学卒業後、AIESECという
国際インターンプログラムを利用し、
マレーシアで環境啓発にかかわり、帰国後、
オックスファム・ジャパンに参加し今は主にユースプログラムを
設計、担当していらっしゃいます。

4.合宿のテーマは?

第15回目となるSaladの今回のテーマは
「違いを受け入れ、自分が変わることを楽しむ」です。
人は1人1人違い、同じ人間は存在しません。
その違いは個性であり、個性が連なり、国際になります。
その違いを楽しむことが国際に触れること、
国際を理解することだと考えています。
なので参加者の皆さんに違いを楽しんでもらいたいと思い、
このテーマにしました。

5.コラムを見てくれている人に一言!

この拙いコラムを読んでくださって本当にありがとうございます。
私にしか作れないSalad、今のスタッフでしかできないSalad、
そしてこの文を見てくださっている方が参加することで
初めて作り出される空間があると思っています。
後悔はさせません。
私達と一緒にSaladを作ってください。
お待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です