NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【205号】GAS2016春参加者コラム1

【205号】GAS2016春参加者コラム1

こんにちは、新しく情報部に所属することになりました、
松山大学3年 高石春佳です。
よろしくおねがいします^^

最近は昼はぽかぽかとした天気が多く、春らしい気温が続いていますね。
天気のいい日はピクニックがしたくなりますね。

さて本日は、半年に1度配信される
内部イベントコラムをお送りしたいと思います!

この内部イベントコラムは、半年ごとに行われる
HOPEの事業であるBS(ボトムアップサポート)事業の
中のGASという3つの合宿イベントに参加して頂いた方々の
感想を、会員の皆さんに読んでもらおうというものです。

今回の2016年度春GASは、
・第18回四国青年環境系合宿四国ギャザリング
・第14回四国青年教育系合宿APOLLE
・第15回四国青年国際系合宿Salad
が行われました。

まず最初の参加者感想は、
第18回四国青年環境系合宿四国ギャザリング参加者の
四国学院大学 1年 藤沢汰一さんに書いて頂きました。

それではどうぞ!

****************

Q1.何がきっかけでこの合宿に参加しようと思ったのですか?

第18回ギャザリングのスタッフで大学の先輩の愛染さんに誘われました。
大学内の交流だけでは物足りないと思っており、いい機会だと参加を決めました。

Q2.参加する前の心境をお願いします!

環境に興味も知識もなくて不安でしたが、色んな人達と出会える事にワクワクしていました。

Q3.イベント前と後で自分の気持ちや考え方はどう変化しましたか?

自分でなにかやろうという気持ちや意思を持たなければ何も起きません。
何も起きない人生は楽ですが、何かやろうと自分で決めることで視野が広がり一気に生活が充実したものになりました。

Q4.このイベントを機に、これからどうなりたいですか?

ギャザリングに参加してもっと色んな人と話したい、出会いたいと感じました。
だから、もっともっと自分から勇気をだして一歩踏み出して挑戦していきたいと思います。

****************

藤沢さん、ありがとうございました。
明日も引き続き内部イベントコラムを
お送りしたいと思います。
どうぞお楽しみに^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です