NPO法人 四国青年NGO HOPE

NEWS

HOME > コラム THE HOPE > 【206号】GAS2016春参加者コラム2

【206号】GAS2016春参加者コラム2

こんにちは、会員ML担当の高石です^^

本日も内部イベントコラムをお送りします。
書いて頂いたのは、
第18回四国青年環境系合宿四国ギャザリング参加者の
四国学院大学 2年 小林拓矢さんです。

それではどうぞ!

****************

Q1.何がきっかけでこの合宿に参加しようと思ったのですか?

合宿に参加したきっかけは、スタッフをしていた、愛染さんのお誘いです。

Q2.参加する前の心境をお願いします!

合宿に参加する前は、どのような事をするのか、また、仲良く合宿ができるのかという不安もありましたが、
それよりも、県外の大学生と関われるということを楽しみにしていました。

Q3.イベント前と後で自分の気持ちや考え方は
どう変化しましたか?

イベント前は、あまり将来のことなど考えていませんでした。
しかし、様々な人達と話をしていると、本当に自分がしたいことや、
自分がしなければいけないことが見つかったと思います。

Q4.このイベントを機に、これからどうなりたいですか?

今までの、大人たちがしていなかったことや、まだ出来ていない事を見つけ、取り組みたいと思います。
また、大学生や若い年代の人が力を合わせて四国を活性化できるように、スタッフをしてみたいと思いました。

****************

小林さん、ありがとうございました。
次回内部コラムは5月1日(日)に配信予定です。
どうぞお楽しみに^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です